ブログ

ウォーキング や 競歩で初心者でも良く分かる、身体の使い方の比較の仕方

まずは、腕振りの比較です。

〇肘を伸ばして、歩いてみる

〇肘を曲げて、歩いてみる

どっちがスムーズに速く腕が振れましたか?

 

次に、足の着地の仕方。

〇つま先を上げてかかとで着地する

〇足の裏全体で着地する

どっちが重心移動がスムーズでしたか?

 

最後に、足の踏み出し方

〇前に大きく踏み出す

〇後ろに大きく踏み出す

どっちがブレーキが掛かる感じがしましたか?
(スムーズに身体が前に進まない感じ)

以上、3つを実際に歩きながら比べてみて下さい。

自ずと、

どうやって腕を振ればいいか?

どうやって着地すればいいか?

どうやって足を踏み出せば良いか?

が、分かると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 速くウォーキングする時に意識したい筋肉
  2. 「何歩ウォーキングしたという、歩数だけをウォーキングの指標にして…
  3. ウォーキングのスピードを上げる為に、意識したのはピッチ。結果、時…
  4. 動画で片麻痺の方から学ぶ、障害の無い方もぜひ意識したい、ウォーキ…
  5. ウォーキング のフォーム(歩形)の重要性
  6. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  7. メダリストたちのオーストラリア合宿がスタート
  8. ウォーキング 速く歩く専門家(49歳だけど)として時速12.7㎞…
PAGE TOP