ブログ

ウォーキング や 競歩で初心者でも良く分かる、身体の使い方の比較の仕方

まずは、腕振りの比較です。

〇肘を伸ばして、歩いてみる

〇肘を曲げて、歩いてみる

どっちがスムーズに速く腕が振れましたか?

 

次に、足の着地の仕方。

〇つま先を上げてかかとで着地する

〇足の裏全体で着地する

どっちが重心移動がスムーズでしたか?

 

最後に、足の踏み出し方

〇前に大きく踏み出す

〇後ろに大きく踏み出す

どっちがブレーキが掛かる感じがしましたか?
(スムーズに身体が前に進まない感じ)

以上、3つを実際に歩きながら比べてみて下さい。

自ずと、

どうやって腕を振ればいいか?

どうやって着地すればいいか?

どうやって足を踏み出せば良いか?

が、分かると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 理学療法とスポーツの融合 後編
  2. 速く歩く人も、遅く歩く人も、楽しめる テン6ウォーキング、だいぶ…
  3. 超 初心者のため の ウォーキング コラム 「ウォーキングのため…
  4. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  5. 時速8kmでウォーキングが出来るようになれば、広がるコミュニケー…
  6. 東京五輪、男子20㎞競歩の中継局が確定したようです
  7. 慢性的な痛み、との付き合い方
  8. 足を前に出す意識をもってウォーキングをすると疲れる理由
PAGE TOP