BLOG

ウォーキングブログ

速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか?①

速く楽に歩くために、

筋肉をつけるべきか?

筋肉をつけないべきか?

 

おそらく、一般的には「筋肉はつけるべき」という印象があるでしょう。

もちろん、そうです。

しかし、なんでもかんでも筋肉をつければよい、という訳ではありません。

 

まず、なんで筋肉をつけた方が良いのか?という理由から説明していきたいと思います。

 

身体の使い方が上手になり、ある程度のスピードを出せるようになると

当然、筋力があったほうが有利になります。

同じ身体効率で走れるのであれば、筋力がある方がパワーがあります。

筋力は瞬発力を発揮しやすいので、わずかな差を生み出すためにも筋力が必要です。

 

そして、筋肉量が多いと最大酸素摂取量も増えます。

酸素はミトコンドリアに溜められますが、筋肉量が多ければミトコンドリア量も比例して多くなります。

筋肉をつけるべき理由としては充分でしょう

 

「筋肉をつけない方が良い理由へ(明日へ続く)」

ウォーキングジム パーソナルとは?

 

Follow me!

関連記事

  1. 世界はTOKYOを目指す、に想う
  2. 「競歩」をすると心拍数はどれぐらい上がるのか?
  3. 要らぬ自信を深めてしまった・・・ ロンドン良いところです
  4. 競歩 ウォーキングは技術種目だからこそ、誰もが苦労する「フォーム…
  5. 全3回初級者歓迎~中級者 競歩講習会の1回目が終わって頂いたメー…
  6. ウォーキング、膝下の振り出しが難しい。福岡 最後の講習会を向けて…
  7. 楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)…
  8. 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ 100㎞…
<<
PAGE TOP