BLOG

ウォーキングブログ

速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか?①

速く楽に歩くために、

筋肉をつけるべきか?

筋肉をつけないべきか?

 

おそらく、一般的には「筋肉はつけるべき」という印象があるでしょう。

もちろん、そうです。

しかし、なんでもかんでも筋肉をつければよい、という訳ではありません。

 

まず、なんで筋肉をつけた方が良いのか?という理由から説明していきたいと思います。

 

身体の使い方が上手になり、ある程度のスピードを出せるようになると

当然、筋力があったほうが有利になります。

同じ身体効率で走れるのであれば、筋力がある方がパワーがあります。

筋力は瞬発力を発揮しやすいので、わずかな差を生み出すためにも筋力が必要です。

 

そして、筋肉量が多いと最大酸素摂取量も増えます。

酸素はミトコンドリアに溜められますが、筋肉量が多ければミトコンドリア量も比例して多くなります。

筋肉をつけるべき理由としては充分でしょう

 

「筋肉をつけない方が良い理由へ(明日へ続く)」

ウォーキングジム パーソナルとは?

 

Follow me!

関連記事

  1. 擬音で表現して相手に伝えるために
  2. ウォーキングの時にモモ裏で感じて欲しい感覚
  3. 1度の講習会で覚えるのは… 効果的に動作を身に付けるには?
  4. WEB競歩講習会 元五輪競歩選手による初心者~中級者のための全3…
  5. 早く歩く 年齢に関係なく、競歩のテクニックを使おう
  6. ウォーキング 競歩で 一歩進むごと、離される。 そのとき起きてい…
  7. ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!
  8. 神様の与えた試練は、多くの人を救う希望の光も同時にもたらす。。。…
<<
PAGE TOP