BLOG

ウォーキングブログ

「何歩ウォーキングしたという、歩数だけをウォーキングの指標にしてもあまり意味がない」

昨日、東京大学の石井先生と対談をしてきました。

そこで、石井先生が仰っていたのは

「何歩ウォーキングしたという、歩数だけをウォーキングの指標にしてもあまり意味がない。

どういうウォーキングをしたか?ということが重要」

っということでした。

 

そこで例に出てきたのは、信州大学のインターバル速歩です。

https://www.shinshu-u.ac.jp/zukan/cooperation/i-walk.html

 

そして、こんなことも言っていました。

「速くウォーキングすることは重要だけど、歩き方が良くなくて膝を痛めるなどの健康被害があってはもっと意味がない」

つまり、ゆっくりウォーキングしても健康という面では高い効果が得られず

闇雲に速くウォーキングすればケガのリスクが高まる、ということなのです。

 

ウォーキングを始めようという方は、このことをぜひ良く理解をして

自分に合ったウォーキングをして欲しいと思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. 「競歩」をすると心拍数はどれぐらい上がるのか?
  2. 歩いてサブ4をするために必要なこと
  3. 選手のインタビューは優等生過ぎる、と思う人へ インタビューの楽し…
  4. NHK 特集 人生100年時代を生きる、に想う
  5. 知ってますか?日本オリンピック委員会の使命
  6. ウォーキングや 競歩 上半身と下半身の連動がうまく出来ていれば「…
  7. 中国遠征で失ったもの
  8. 今日の最高気温は38度で、東京の暑さ対策
<<
PAGE TOP