ブログ

「何歩ウォーキングしたという、歩数だけをウォーキングの指標にしてもあまり意味がない」

昨日、東京大学の石井先生と対談をしてきました。

そこで、石井先生が仰っていたのは

「何歩ウォーキングしたという、歩数だけをウォーキングの指標にしてもあまり意味がない。

どういうウォーキングをしたか?ということが重要」

っということでした。

 

そこで例に出てきたのは、信州大学のインターバル速歩です。

https://www.shinshu-u.ac.jp/zukan/cooperation/i-walk.html

 

そして、こんなことも言っていました。

「速くウォーキングすることは重要だけど、歩き方が良くなくて膝を痛めるなどの健康被害があってはもっと意味がない」

つまり、ゆっくりウォーキングしても健康という面では高い効果が得られず

闇雲に速くウォーキングすればケガのリスクが高まる、ということなのです。

 

ウォーキングを始めようという方は、このことをぜひ良く理解をして

自分に合ったウォーキングをして欲しいと思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩と競歩式の反応の違い
  2. 皆さんと大きなチャレンジ 2019年! 明けましておめでとうござ…
  3. 本番間近!! 世界陸上ロンドン2017 解説日記④
  4. ウォーキングで両足のバランスが悪く、課題のある脚はもちろん痛い、…
  5. 自分の最大心拍数を知れば、運動の質が向上します
  6. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  7. 行橋‐別府100㎞ 皆さんお疲れ様でした! ゴール後の個人的な楽…
  8. 速く歩けている、という誤解を生むもの そして、60代膝が内側に曲…
PAGE TOP