ブログ

ウォーキング 競歩 コーチをするということは「学び続けること」

1回の講習会や、1回のパーソナルで劇的に良くなる!

っと思ったら、正解であり、大間違いでもあります。

 

以前もブログで書きましたが、本を1回読んだだけですべてが覚えられる

っという方はいないでしょう。

勉強も教科書を1回読んで全てが覚えられれば、だれもが東大に入れます。

 

ウォーキング 競歩も同じことが言えるのですが

どうしても、1回講習を受けたらすぐに上達する!、っと思われがちです。

もちろん、1回の講習会で劇的に良くなる方も多いです。

そして、1回の講習会参加でも劇的に良くなった!っと思って頂けるために

いろいろと試行錯誤をして、言葉を選びます。

 

そのためには、「謙虚に自分自身も学ぶ側になる」っということ。

実際に、私自身も学び事を月2回受けています。

 

コーチをすることは、「学び続けること」

そう思っています。

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪、延期の風が吹いてきた。。。 年内?1年後?2年後?
  2. 歩けなければ、走れない スピードのために、自分の「位置」を知ろう…
  3. 明日いよいよ、UWTT2020
  4. 晴れの国おかやま100㎞ウォーキング大会 完歩! 
  5. 冬季五輪の難しさを改めて観戦しながら想う
  6. 行橋‐別府100㎞でタイムのため考えなければいけないこと 100…
  7. 東京五輪、男子20㎞競歩の中継局が確定したようです
  8. ホノルルマラソンと片麻痺の方のウォーキング
PAGE TOP