ブログ

ウォーキング 競歩 コーチをするということは「学び続けること」

1回の講習会や、1回のパーソナルで劇的に良くなる!

っと思ったら、正解であり、大間違いでもあります。

 

以前もブログで書きましたが、本を1回読んだだけですべてが覚えられる

っという方はいないでしょう。

勉強も教科書を1回読んで全てが覚えられれば、だれもが東大に入れます。

 

ウォーキング 競歩も同じことが言えるのですが

どうしても、1回講習を受けたらすぐに上達する!、っと思われがちです。

もちろん、1回の講習会で劇的に良くなる方も多いです。

そして、1回の講習会参加でも劇的に良くなった!っと思って頂けるために

いろいろと試行錯誤をして、言葉を選びます。

 

そのためには、「謙虚に自分自身も学ぶ側になる」っということ。

実際に、私自身も学び事を月2回受けています。

 

コーチをすることは、「学び続けること」

そう思っています。

Follow me!

関連記事

  1. 1年の計は元旦にあり!
  2. 相撲と競歩のお話し
  3. 2017世界陸上ロンドン大会 50㎞競歩 レヴュー
  4. 実は試合に出る選手と初心者では、技術的に大きな差は無い、という気…
  5. 20㎞競歩日本のエースが海外での初表彰台で見せた可能性と課題
  6. その2 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ …
  7. 口の中が…、梅雨空のごとく…
  8. ウォーキング や 競歩で初心者でも良く分かる、身体の使い方の比較…
PAGE TOP