BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング や競歩で、スムーズに身体を前に押し出すためにやりたいストレッチ

ウォーキングや競歩をしていて

身体を前に進める為に、後ろへ蹴り出したときに

自分のイメージするより速く足が離れてしまう場合があります。

 

「もう少し、後ろに蹴れるはずなのに?」

「いままではもっと後ろに蹴り出せていたのに?」

 

後ろに蹴り出せなくなったのは、大腿四頭筋(太ももの前)が

緊張している(張っている)のが一因でしょう。

 

後ろに蹴り出す姿勢を考えてみると、身体より後ろに足があります。

つまり、ハムストリングス(お尻と太ももの裏側)で蹴り出すので

お尻より後ろに足が移動するときに、太ももの前の筋肉がリラックスして

しっかりと伸びないと、すぐに脚が地面から離れてしまいます。

 

スムーズに後ろに蹴れない場合は、太ももの前を伸ばすストレッチをしてみて下さい。

 

太ももの前のストレッチ

Follow me!

関連記事

  1. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  2. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  3. Garmin(ガーミン) ランニングダイナミクスポッドを活用する…
  4. 足裏(土踏まず)がウォーキング や 競歩で痛くなる、という方へ
  5. テン6ウォークのディプロマ、更新しました!
  6. 速くウォーキングしてみよう!時速7㎞でウォーキング
  7. ウォーキングで我流でウォーキングされている方の癖が出る場所とは?…
  8. 東京グレートレース250㎞!!!完「歩」おめでとうございます!
<<
PAGE TOP