ブログ

股関節が悪い作業療法士さんと20kmをウォーキング

理学療法士−作業療法士の皆さんに

講習に行って来ました。

今日は20kmのウォーキング

緩い上り坂を10km折り返しのコース

初めて20kmをウォーキングするという方が半分以上

中には、先天性で股関節が緩く左右の足の長さが違う

という作業療法士さんもおり、医者から

長い距離を歩くのは、勧められておらず

実際に3kmほど歩くとすぐに股関節が痛くなるとに事

 

行きの登りは全員無事に10km完歩

股関節の悪い作業療法士さんも、痛み無く歩けて

普段歩かない距離を歩いて

関節の痛みでは無く、太もも前が筋肉痛に。

ご本人も、そんなに長く股関節の痛み無く歩けたことにビックリ

 

歩くフォームを意識するだけで

歩けない距離が歩けるようになり

痛みが出る場所に出なくなる、ことがあります。

 

歩くフォームは大切です

 

Follow me!

関連記事

  1. 体幹トレーニングとしての「競歩」の活用
  2. 初心者ウォーカーも ベテランウォーカーも 疾患のある方も、冬のウ…
  3. 雨の日のウォーキング対策 【リライト版】
  4. ポーランドの選手が実践した気温30度で30kmを歩き切る給水方法…
  5. 短い距離をダッシュする方が楽に速く歩け、それよりも長い距離の方が…
  6. 暑い日にウォーキングをスタートする前に。2019
  7. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  8. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
PAGE TOP