ブログ

股関節が悪い作業療法士さんと20kmをウォーキング

理学療法士−作業療法士の皆さんに

講習に行って来ました。

今日は20kmのウォーキング

緩い上り坂を10km折り返しのコース

初めて20kmをウォーキングするという方が半分以上

中には、先天性で股関節が緩く左右の足の長さが違う

という作業療法士さんもおり、医者から

長い距離を歩くのは、勧められておらず

実際に3kmほど歩くとすぐに股関節が痛くなるとに事

 

行きの登りは全員無事に10km完歩

股関節の悪い作業療法士さんも、痛み無く歩けて

普段歩かない距離を歩いて

関節の痛みでは無く、太もも前が筋肉痛に。

ご本人も、そんなに長く股関節の痛み無く歩けたことにビックリ

 

歩くフォームを意識するだけで

歩けない距離が歩けるようになり

痛みが出る場所に出なくなる、ことがあります。

 

歩くフォームは大切です

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを向上させるトレーニング方法③ 良いフォームと悪いフ…
  2. 速く歩いた方が楽、と感じる60代女性
  3. 時速7㎞を心拍数100前後でウォーキング
  4. 忘年会のシーズンのウォーキング
  5. ウォーキングの身体使い方 NHK‐BS1で放送
  6. 練習嫌いなパーソナル受講者が教えてくれた、スポーツを楽しむ本質。…
  7. ウォーキング や競歩で、スムーズに身体を前に押し出すためにやりた…
  8. ウォーキング初心者に参考にしてもらいたいシューズの選び方
PAGE TOP