BLOG

ウォーキングブログ

30度以上の気温は原則としてウォーキングを止めるべき温度ですが、選手は歩かないといけない。。。

基本的には30度を超えるようであれば

歩くべきではありません。

 

長距離系の選手は、この時期は北海道とか高地とかで

練習をし、それでも暑い場合は

早朝での練習をします。

 

ですから、一般的な愛好家の皆さんは

無理をしないに越したことはありません。

昨年はこんなブログを書きました

https://www.pro-walkingcoach.com/event2018/07/03/blog20180703

 

35度超えるようであれば、やらない、のが一番です

 

どうしても歩かなければいけない場合は、

スタート前に身体を冷やすこと、そして上記のブログ内容を参考にして

とにかく小まめに給水をとることです。

 

五輪の代表候補選手たちは、この暑さでこそ喜んで練習を今はしていると思います。

来年に五輪に向けて、良いシュミレーションになるからです。

バテても来年に向けての良いデータとなるだけ。

 

例え代表となれなくて、この経験が無駄になったとしても

本番を見据える選手であれば、トライしなければならない。

猛暑の中でのトレーニングでしょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 【ウォーキング】理学療法士さん、作業療法士さんとウォーキングのレ…
  2. 2023年 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い…
  3. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!HP表紙写真から探…
  4. ウォーキングを上達するためトレーニングメニューを考える。トレーニ…
  5. コーチとして嬉しいのは、表彰されることより。。。
  6. 2024年パリ五輪 男女混合競歩リレー 男女混合競歩リレーの魅力…
  7. 日本にスポーツ文化が根付き難い、ボランティアという美徳の難しさ
  8. ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性
<<
PAGE TOP