ブログ

ウォーキングで下り坂で足のすね(脛)のしたの方が痛くなる!

100人ほどの皆さんとウォーキングをしてきましたが

緩い上り坂ではほとんど質問が無かったですが

緩い下り坂を降りていると、チラホラと同じ質問をされるようになりました。

 

それは、足首の脛(すね)の下の方が痛くなる(前脛骨筋の下部)

という質問です。

 

どうしても、下りだと振り出したところに地面が無いので

上から足を振り下ろす動作になります。

つま先を挙げたまま、着地で振り下ろすと

前脛骨筋が緊張している状態になるので、緊張した筋肉で

自分の体重を受け止めるので痛みが出ます。

 

のぼりは、着地ポイントが速くなるので

足を痛めるということはほぼありません。せいぜい筋肉痛程度です。

 

どう下りを上手に下るか?

それが次の日に痛みや疲労を残さないために大切なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォーク 乳酸を燃やせ!!
  2. ウォーキング や 競歩 でフォームを意識して修正することが、どん…
  3. 肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事
  4. ウォーキングを向上させるトレーニング方法③ 良いフォームと悪いフ…
  5. ウォーキングをしているときに、感じたい「足裏の感覚」
  6. ウォーキングしながら簡単にフォームチェックできる方法
  7. ウォーキング 掌(手のひら)は握るべき?開くべき?
  8. ウォーキング・ランニング愛好家が、トップアスリートの「真似できる…
PAGE TOP