BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングで下り坂で足のすね(脛)のしたの方が痛くなる!

100人ほどの皆さんとウォーキングをしてきましたが

緩い上り坂ではほとんど質問が無かったですが

緩い下り坂を降りていると、チラホラと同じ質問をされるようになりました。

 

それは、足首の脛(すね)の下の方が痛くなる(前脛骨筋の下部)

という質問です。

 

どうしても、下りだと振り出したところに地面が無いので

上から足を振り下ろす動作になります。

つま先を挙げたまま、着地で振り下ろすと

前脛骨筋が緊張している状態になるので、緊張した筋肉で

自分の体重を受け止めるので痛みが出ます。

 

のぼりは、着地ポイントが速くなるので

足を痛めるということはほぼありません。せいぜい筋肉痛程度です。

 

どう下りを上手に下るか?

それが次の日に痛みや疲労を残さないために大切なのです。

Follow me!

関連記事

  1. トップアスリートが真剣な大会なのに超ゆっくり歩いてくれている貴重…
  2. YouTube動画更新しました!インターバルウォーク ウォーキン…
  3. 凍結した路面は避けて、ウォーキングしましょう
  4. 【健康ウォーキング】内ももにしっかりと「立つ」意識でウォーキング…
  5. 競歩には「速く歩くための技術が詰まっている」
  6. 体力回復 のこと! 回復させるというリカバリーを考える トレーニ…
  7. ウォーキングでの「腕振り」は超重要
  8. ランから#ウォーク に転向した方が感じたウォークの利点 #ウォー…
<<
PAGE TOP