ブログ

ランニングは怪我をしやすい、ウォーキングは怪我をし難い

ランで怪我をする人は多いですが

ウォーキングで怪我をする人は少ないでしょう

 

皇居でランニングが流行り始めた頃

皇居周りの接骨院や整形外科が混み始めた

なんて話題も耳しました。

 

誰しも健康のために始めたのに

怪我するのは本末転倒ですから怪我はしたくないもの

ですが、ランは身体への負担が大きいので

身体を上手に使わないと怪我のリスクが高まります。

そもそもなんでランニング方が怪我が多いかと言うと

「ジャンプ」(両足が地面から離れる)

この衝撃が大きいからです

 

ウォーキングは身体への負担が少ないです

ですから、

ウォーキングをして怪我をした!

ウォーキングをしたら痛いところがある!

っというのは、かなり上手に歩けていない可能性が高いです

 

ウォーキングでは、この「衝撃」が

ランニングに比べると圧倒的に少ない

ですが、ウォーキングで痛い部分が出る。

そういう時は、必ずフォームに課題があります。

 

ぜひ自分のフォームを動画に撮影して

じっくりと観察してあげてください

原因が見えてくるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. ロシアの平昌五輪出場停止に想う
  2. 身長が低くても時速7.5㎞でウォーキングすることは可能です。
  3. 日本人で初めて競歩で五輪入賞を果たした選手が引退します。
  4. トップアスリートの秘密を解明する研究者の苦悩
  5. 神様の与えた試練は、多くの人を救う希望の光も同時にもたらす。。。…
  6. 半裸の女性が走って迫ってくる、クリスマスイブの思い出 
  7. ユニバーシアードで20km男子競歩!日本選手表彰台独占!
  8. 世界陸上 選手の体型をジロジロ見よう!
PAGE TOP