ブログ

10㎞を47分台で歩いた(競歩)したとき、キツイ感じたときに意識したこと

GPSに助けられて(きっと短くて)、久しぶりに10㎞を47分台で歩きました。

テン12。

 

ほぼ全力でしたが、個人的には久々の本気の10㎞

楽しく歩けました。

ですが、当然きつかったです。

 

1㎞を4’45平均ですから、心拍数もかなり高かったと思います

(いつもならガーミンをしてますが、この日は電池切れで使えずランキーパーのみ)

 

キツイと感じたときに意識したのは

リラックスと力の入れるのポイントを絞る、こと。

そうすることで無駄な力を極力使わないことを意識できます。

 

動きが効率化されて、ペースが落ちづに10㎞を歩き切ることができた!

ということなのです。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性
  2. 世界競歩チーム選手権の20㎞競歩団体金メダルが忘れられない日にな…
  3. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  4. 世界競歩チーム選手権、続け!男子20㎞!!!
  5. シューズの裏があなたの歩きを教えてくれる
  6. 体幹トレーニングとしての「競歩」の活用
  7. ウォーキング 足をどうやって前に運ぶか?
  8. いよいよ、塩谷100kmウォークが明日開催。80km地点で参加者…
PAGE TOP