ブログ

ラン・競歩 動きづくりドリルトレーニングで、意識しなければいけないこと

ランニングの講習会などで、動きづくりのドリルトレーニングをすることがあると思います

動きづくりトレーニングで気を付けることは

「動きづくりトレーニングが上手にできるからといって速く歩ける・速く走れるようになる」

という訳ではないということです。

 

学生時代に、駅伝チームでは盛んに「動きづくりトレーニング」をしていましたが

「速い選手=動きづくりトレーニングが上手」では、ありませんでした。

競歩でも同じで、スペインの至宝、ガルシア選手は動きづくりトレーニングはまったく苦手でした(笑)

 

「動きづくり」は、言葉通り

「身体をスムーズに動かせるように関節の可動域を広げる」

「効率の良いフォームをバラバラにして、1つ1つ動作を習得する」

というのが大きな目的です

 

上手にできる必要はありません。

フォームでうまくスムーズに動かせていないときに「確認をする」という意味です

おこなう感じです。

一般のランナーとかウォーカーの方は、どうしても上手にやりたい!っと思う方が

大半ですし、上手にできるに越したことはないですが、

フォーム作りに迷ったときに基本に帰るような、のが「動きづくり」の活用法です。

正確にできるは二の次だと感じています

 

ただし!競歩の場合は「ルール」があります。

そのルールを逸脱するような、動きづくりのやり方では、よくないです。

そういう意味では「ラン」と「競歩」では=動きづくり=の意味が違います

膝を伸ばすための意識付け

両足が地面から離れないための意識付け

そういった側面もあるのを競歩をされる方はお忘れなく!

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで速く歩けた時に、感じる感覚
  2. ランをされている方が競歩に挑戦しようと思うときに「ウォーキング」…
  3. YouTubeで競歩を見るときに注意すべきポイント
  4. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  5. WEB講習会、無事に終了!
  6. ジョグ歩とウォーキングの違い
  7. 速くウォーキングする時に意識したい筋肉
  8. アメリカのマスターズ陸上競歩 動画
PAGE TOP