ブログ

ウォーク(競歩)時速10㎞で、上下動【1.2㎝】と判断される

競歩では頭の位置がほぼ動きません。

Garminのランニングダイナミクスポッドで

時速10㎞で歩いているときの上下動が1.2㎝と測定されました。

 

最初の1.2㎞くらいはウォーミングアップがてらにラン

最後の1.5㎞もクールダウンでラン

だから最初と最後は、上下動はさすがに高めに出ています。

 

何せ止せばいいのに暑いさなかの14時過ぎから歩き始めたので

ペースが比較的ゆっくり。

リラックスしてフォームに集中できました。

 

上下動が無いフォームは、前に進むことだけに重心が上手く使えている証拠です。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 初心者でもベテランでも 坂を上るときにしたい腕の振…
  2. 東京エクストリームウォークに向けてのトレーニング① 11.5㎞を…
  3. 競歩でスピードを出すのは気持ちがいい、時速15kmで200m歩い…
  4. 速くウォーキングするための、絶対条件
  5. ウォーキング&競歩 雨対策2020
  6. 今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうか…
  7. 腕は「おまけ」で振らない ウォーキングを始めたばかりの人がしてし…
  8. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
PAGE TOP