ブログ

ウォーク(競歩)時速10㎞で、上下動【1.2㎝】と判断される

競歩では頭の位置がほぼ動きません。

Garminのランニングダイナミクスポッドで

時速10㎞で歩いているときの上下動が1.2㎝と測定されました。

 

最初の1.2㎞くらいはウォーミングアップがてらにラン

最後の1.5㎞もクールダウンでラン

だから最初と最後は、上下動はさすがに高めに出ています。

 

何せ止せばいいのに暑いさなかの14時過ぎから歩き始めたので

ペースが比較的ゆっくり。

リラックスしてフォームに集中できました。

 

上下動が無いフォームは、前に進むことだけに重心が上手く使えている証拠です。

Follow me!

関連記事

  1. 肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事
  2. 一般のランナー・ウォーカーがトップアスリートから《学んだ方が良い…
  3. 100kmウォーク 乳酸を燃やせ!!
  4. 75才 女性 ハーフマラソンで10分記録を更新 その直前の練習の…
  5. ウォーク・ランで自分がどこに足を着地できているか把握できてますか…
  6. 明日(1月17日) 時速7㎞以上でウォーキングするための無料WE…
  7. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  8. ロボットからウォーキングを学ぶ
PAGE TOP