BLOG

ウォーキングブログ

2021 元旦競歩 お疲れさまでした。

いつもは20㎞競歩を見に行きますが、、、

今回は、マスターズ5㎞

 

元旦競歩は東京選手権も兼ねているので、

審判のレベルが高く、毎年マスターズでは多くの失格者が出ます。

今年もハイレベルのジャッジに多くのマスターズ選手が失格してしまっていました

 

ですが、ここで失格しない、ということは

「競歩」としてしっかりしたフォームである、という何よりもの証明です。

 

表紙の写真の通り、

警告は全て「ベントニー(く)」(苦笑)

年齢とともに、関節が伸ばし難くなるのは悩ましいところです。

 

ただ、サポートさせた皆さんは、失格することはありませんでした

タイム的にはもっとサポートできたのでは、、、

っというのが、反省材料です。

 

競歩は難しい。。。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで上手に身体が使えてない人の特徴とは?
  2. マエストロ ジョルディリョパルトを想う①
  3. 陸上競技で起きた、あってはならない2つのアクシデント
  4. サブ5ランナーに100kmウォークを勧める理由
  5. 速く歩いて、走っている人を抜こうとしたときに気を付けていたこと
  6. ランとウォーク(競歩)の比較動画
  7. ウォーキング・競歩・ランニングで、「前傾」をしようとして「前屈」…
  8. ウォークの着地の衝撃、ランの着地の衝撃
<<
PAGE TOP