ブログ

イチロー選手の領域、男子20㎞競歩 山西選手・男子50㎞競歩 鈴木雄介選手

そのフォームの真似をしてはいけない

イチロー選手・山西利和選手・鈴木雄介選手に共通していることだと感じています

 

イチロー選手は多くの方が知っている、ヒットメーカーです。

そのバットからはたくさんのヒットが生まれました。

 

では、そのスイングを100%真似を出来ることができたなら

誰もがヒットを打てるでしょうか?

しなやかな身体

巧みなバットコントロール

簡単に真似が出来そうで、できものではなく

例え真似が出来たとしても、ヒットがたくさん打てる訳ではないのは

想像が出来ると思います。

 

だから、競歩やろうとする選手・速く歩こうと思う方は

少なくとも、山西利和選手・鈴木雄介選手のフォームを真似しようと思うのは勧めません

 

個人的には2人りのフォームは「イチロー選手の領域」だと思います。

 

基本ができて、そこから自分に適したフォームに進化をさせていく

その最終系(ひょっとしたら当人達からしたら、まだ途上かもしれませんが)に近い形かもしれません

 

もちろん、参考になることも多いです。

マネをするのではなく、自分にとって何が参考になるのか?

そのヒントはこの3人にはたくさん詰まっていると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞以上で10㎞以上をウォーキングするための、シンプルな基礎…
  2. 山手線1周ウォーキングで想定外のマメ・・・
  3. 東京五輪、男子20㎞競歩の中継局が確定したようです
  4. 自分に合った情報を収集するのは、とても難しい。。。
  5. 回復(リカバリー)を考える ④ トレーニングバランスを考える
  6. 長時間ウォーク、体重が減る バテ防止の目安と対処
  7. 東京五輪、延期の風が吹いてきた。。。 年内?1年後?2年後?
  8. ビルドアップウォークは楽しい!?
PAGE TOP
PAGE TOP