ブログ

イチロー選手の領域、男子20㎞競歩 山西選手・男子50㎞競歩 鈴木雄介選手

そのフォームの真似をしてはいけない

イチロー選手・山西利和選手・鈴木雄介選手に共通していることだと感じています

 

イチロー選手は多くの方が知っている、ヒットメーカーです。

そのバットからはたくさんのヒットが生まれました。

 

では、そのスイングを100%真似を出来ることができたなら

誰もがヒットを打てるでしょうか?

しなやかな身体

巧みなバットコントロール

簡単に真似が出来そうで、できものではなく

例え真似が出来たとしても、ヒットがたくさん打てる訳ではないのは

想像が出来ると思います。

 

だから、競歩やろうとする選手・速く歩こうと思う方は

少なくとも、山西利和選手・鈴木雄介選手のフォームを真似しようと思うのは勧めません

 

個人的には2人りのフォームは「イチロー選手の領域」だと思います。

 

基本ができて、そこから自分に適したフォームに進化をさせていく

その最終系(ひょっとしたら当人達からしたら、まだ途上かもしれませんが)に近い形かもしれません

 

もちろん、参考になることも多いです。

マネをするのではなく、自分にとって何が参考になるのか?

そのヒントはこの3人にはたくさん詰まっていると思います。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑥ 腕を回してウォーキン…
  2. ウォーキングの歩き始めの「一歩目」の作り方
  3. 2017世界陸上 メダルへの道⑤ コーチのお仕事
  4. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
  5. ウォーキング・競歩のために、大腿四頭筋を伸ばそう!
  6. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  7. 日本中に競歩を知ってもらう旅⑤ 東北 歩き旅
  8. 変形膝関節症を発症して初めての20㎞をウォーキングした64才女性…
PAGE TOP
PAGE TOP