ブログ

イチロー選手の領域、男子20㎞競歩 山西選手・男子50㎞競歩 鈴木雄介選手

そのフォームの真似をしてはいけない

イチロー選手・山西利和選手・鈴木雄介選手に共通していることだと感じています

 

イチロー選手は多くの方が知っている、ヒットメーカーです。

そのバットからはたくさんのヒットが生まれました。

 

では、そのスイングを100%真似を出来ることができたなら

誰もがヒットを打てるでしょうか?

しなやかな身体

巧みなバットコントロール

簡単に真似が出来そうで、できものではなく

例え真似が出来たとしても、ヒットがたくさん打てる訳ではないのは

想像が出来ると思います。

 

だから、競歩やろうとする選手・速く歩こうと思う方は

少なくとも、山西利和選手・鈴木雄介選手のフォームを真似しようと思うのは勧めません

 

個人的には2人りのフォームは「イチロー選手の領域」だと思います。

 

基本ができて、そこから自分に適したフォームに進化をさせていく

その最終系(ひょっとしたら当人達からしたら、まだ途上かもしれませんが)に近い形かもしれません

 

もちろん、参考になることも多いです。

マネをするのではなく、自分にとって何が参考になるのか?

そのヒントはこの3人にはたくさん詰まっていると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 久しぶりにウォーキング講習会を代々木でやりました!
  2. フォームを効率的効果的に上達させる2つのポイント
  3. ZIPに明日から、メダルラッシュというコーナーに出ます!
  4. ウォーキングでも、ランニングでも 初心者でもベテランでも共通して…
  5. ウォーキングを 変形膝関節症だからと言って諦める理由はありません…
  6. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  7. 速く、楽に、ウォークする、、、できますか?
  8. ウォーキングのときに、おすすめの道の色
PAGE TOP
PAGE TOP