ブログ

かかとで蹴る!ウォーキング・競歩

歩く(ウォーキング・競歩)では

つま先で地面を蹴ると、

競歩の場合は、両足が離れてしまう違反になりやすく

ウォーキングでは、重心の上下動を生みやすくなってしまいます。

 

「かかとで蹴る→つま先に重心が抜ける」

 

この流れで足の裏を使いたいです。

つま先で地面を蹴らないので、かかとは巻き上がる、ということは無いですし

蹴り始めが、かかとになるので、足の裏を通過している間中

地面に蹴る力を伝えることが出来ます。

 

ただ、これが意外に難しい

第一にかかとに重心をうまく乗せないとこれが出来ない

ですから、

かかとで蹴ってつま先で抜ける!

これをするためには、かかとに重心を載せる、を練習しましょう

Follow me!

関連記事

  1. 皆さんのウォーキングに目標を持たせてくれる!テン6ウォーク、ただ…
  2. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
  3. 熾烈を極める東京五輪 競歩日本代表選考 展望①
  4. 塩谷 の想い 大会は主催者と参加者、両方の想いがつくるもの
  5. 大坂なおみ選手の全豪オープン決勝進出!選手ファーストならば、配慮…
  6. 非常事態宣言直後の報道番組対する違和感
  7. 今年もお世話になりました! 2019年を象徴する1枚
  8. 2019年 箱根駅伝観戦中
PAGE TOP
PAGE TOP