ブログ

かかとで蹴る!ウォーキング・競歩

歩く(ウォーキング・競歩)では

つま先で地面を蹴ると、

競歩の場合は、両足が離れてしまう違反になりやすく

ウォーキングでは、重心の上下動を生みやすくなってしまいます。

 

「かかとで蹴る→つま先に重心が抜ける」

 

この流れで足の裏を使いたいです。

つま先で地面を蹴らないので、かかとは巻き上がる、ということは無いですし

蹴り始めが、かかとになるので、足の裏を通過している間中

地面に蹴る力を伝えることが出来ます。

 

ただ、これが意外に難しい

第一にかかとに重心をうまく乗せないとこれが出来ない

ですから、

かかとで蹴ってつま先で抜ける!

これをするためには、かかとに重心を載せる、を練習しましょう

Follow me!

関連記事

  1. 2022年 明けまして、おめでとうございます。本年も宜しくお願い…
  2. 骨粗鬆症 にとって本当に効果がある ウォーキング 方法を検査結果…
  3. ウォーキングジムパーソナルで必ずお伺いすること
  4. 足の長さは左右同じではありません
  5. 【ウォーキング】坂道を歩くときに「スピード強化」のために意識した…
  6. 世界陸上ドーハ 中東の暑さを味方に!勝木隼人選手 男子50㎞競歩…
  7. 海外のトップウォーカーが代々木公園を歩いてます
  8. 時差ボケは、まったくなし
PAGE TOP
PAGE TOP