ブログ

「最高気温と最低気温が東京と同じでも札幌が涼しいと感じ理由」と、「札幌開催はとても価値あることだったと思えた理由」

東京五輪はまだ続ていますが

競歩は全種目終了しました。

 

東京五輪という名にも関わらず

札幌開催には選手からも、札幌からも懐疑的なコメントを多くありました。

「札幌はそんなに涼しくない」

確かにそうでした(笑)

最高気温も最低気温も湿度も、東京と札幌ほぼ変わらない数字でした。

ですが、

札幌に下見に2回行き、直前の8月3日も行きましたが

2回東京と札幌を往復して、感じたのは「札幌は涼しい」です。

 

札幌は暑い、っと言っているのはおそらく「東京に在住している」「札幌に在住している」

つまり両方を行き来していないので「肌で実際に暑さを体感していない」

から分からなかっただけだと思います。

 

事実、20㎞競歩の時間帯は、山西選手と話したら「暑さは普通でした」とのこと。

 

皆さんご存じの通り、最高気温と最低気温だけをみればそんなに変わらないと思います

ですが、なぜ下見に行った私が「札幌を涼しい」と感じたのかはおそらく

競技時間中に、しかもコース周辺(もちろん屋外)にしかいなかったからでしょう

 

札幌の方が気温の上がり方が緩やかで、最高温度に達するまでに時間があり

なおかつ、コースのほとんどは日陰でした。

日陰と日向では、気温差が4度くらいありました。

50㎞でも暑くなり始めるまで1時間30分ぐらいは掛かっています

それに、競技時間中はほぼ日陰。

大事なのは外気温ではなく、「体感気温」

その差は東京と札幌では歴然でした。

 

札幌に変えずにそのまま東京で開催していたら、直射日光しかない「皇居」

体感気温は気温以上になったでしょう

8月3日に札幌から強い日差しの東京に戻って、札幌で良かった心底思えました

 

8月3日に下見に行ったときに、スタートゴールのゲートが出来ていました

札幌市民の皆さんが、足を止めてゲートの写真を撮っている人が多かったこと。

そして、その中に親子連れがいて、男の子がお父さん・お母さんと嬉しそうに写真を撮っている姿は

とても心に残りました。

きっとこの親子は五輪が開催されるたびに、この時の写真を見ながら

いろんな話をするでしょう。

それは、きっと足を止めて写真を撮っていたすべての人に言えること。

東京だけの開催だったら、きっと札幌の皆さんに上がる五輪の話題に

あまり競歩のことは触れられなかったと思います。

 

涼しい東京五輪ができた「競歩」と「マラソン」

明日は、男子マラソンがありますがTV観戦をして頂き

後で、大通公園であのゲートが合った場所をみて、

いろんな話題をして五輪の想い出を語って欲しいと思います。

スタートゴールに、きっとこのマーキングがされていると思うので

ぜひ見つけてみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪 競歩コース下見で感じたこと。
  2. 身体と金づち
  3. 100kmウォーキングを食べる④ どうカロリー補給をするか?その…
  4. 世界陸上ドーハ大会 男子20㎞競歩サイドストーリー 「間違い」と…
  5. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
  6. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期から仕上げ期
  7. 競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い
  8. 女子20㎞競歩代表 藤井菜々子 世界ランキング19位(21位) …
PAGE TOP
PAGE TOP