ブログ

運動は「きつい」ことをすれば効果・効率的に健康になれる訳ではありません。ウォーキングが運動が簡単でも効果が高い理由

ウォーキングが運動初心者の方に勧められる理由は

運動強度(運動のきつさ)が低いけど、しっかりと運動効果が得られる

ということにつきると思います。

 

運動は「きつい運動」であればあるほど、効果が高い

という訳では無いのです。

ウォーキングはランニングと違って、膝への負担も少ないですし

腰痛にもなり難く、腕振りも大きくなるので

肩周りや背中の柔軟性も向上します。

 

一番は有酸素運動として、ランニングよりも効率的。

 

ランで頑張りすぎると、脂肪より糖が燃える運動になってしまう可能性が高いです

ウォーキングだと、どんなに頑張ってもスピードの上限値が決して高くなりきれないので

有酸素運動で脂肪を効率よく燃やし続けることが出来ます。

 

運動をするなら、「ウォーキング」

ぜひ、健康を意識される方に勧めてみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. 走ると、どうしても膝が痛くなる方へ 2017年に書いたブログ
  2. 時速12㎞のハイスピード ウォーク(競歩)での 100kmウォー…
  3. 血圧を下げる、骨密度を上げる そのためにウォーキングは非常に効果…
  4. 【パーソナル】30㎞で疲労感を感じない、【メール通信】62才で自…
  5. 【選手のときのはなし】ドイツの試合で、3m競歩をする
  6. 足を前に出す意識をもってウォーキングをすると疲れる理由
  7. ふと、気が付ける瞬間が誰にでも起きます
  8. ウォーキング、と言えど、その人に合った適切な距離と速度がある
PAGE TOP
PAGE TOP