ブログ

ウォークでランのフォームを整える ランより左右を整えやすい理由

ウォークは必ずどちらかの足が地面に接地している状態を続けます

だから、ジャンプをする、という概念がありません。

ジャンプをしないということは、必ず接地している脚があり

その脚の側は、常に後方に蹴る(後方に押し出す)側の脚となります。

浮いていないので、脚がどれだけ接地してい続けているか?

が重心の載り方でも掴めやすいです。

重心が載っている時間が接地している時間

っと思うと、左右のバランスはとてもよく分かります。

 

ランのフォームで左右のバランスが悪い!っと言われた方は

ぜひ、ウォークしてみて下さい

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 60歳代でもフォームが変わる!歩幅が5㎝伸びた!そのキッカケとは…
  2. 男子20km競歩 世界競歩チーム選手権 団体金メダル 解説!
  3. 明日は、YouTube動画撮影してきます
  4. 2年振りの福岡での講習会始まります!
  5. 同じ心拍数でも「きつさ」が違う理由
  6. 優勝おめでとうございます!飯塚‐武雄103㎞!!!
  7. 大阪開催が近づく!
  8. 真っ赤なシャンプー事件
PAGE TOP
PAGE TOP