ブログ

【競歩】世界競歩チーム選手権、代表決定!

3月4・5日に開催される「世界競歩チーム選手権」の代表が決定しました。

場所はオマーン! 中東初開催となります。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ee6d1917ad87499e01dec7eb85d9ec768fa70753

今年は、世界陸上オレゴン大会が7月に開催されるので

その前哨戦となる重要な大会です。

 

東京五輪後の初の国際大会

池田選手は2018年のこの大会で優勝しており、連覇が掛かっています。

メダリストのとしての真価が問われ、

山西選手とすれば、ここで勝って五輪で敗れた池田選手に勝って

世界陸上の連覇への自信にしたいところでしょう。

 

そして、35㎞競歩が主要国際大会での初開催となり

どんなレースが展開されるか?は非常に興味深いです。

初代35㎞王者に向けて、日本からは川野選手が出場します。

川野選手は20㎞競歩でも充分にメダルが狙える自己記録1時間17分24秒という記録をもっており

初代35㎞王者になる確率は高いと思います。

 

実はこの「世界競歩チーム選手権」はもともとは「ワールドカップ競歩」でした

1カ国最大5名出場できるので、1カ国最大3名しか出場できない五輪・世界陸上より

参加人数が多くなり、そういう意味では五輪・世界陸上より勝ち難い大会でもあります。

 

大会が近づきましたら、各種目の展望をしたいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 膝を曲げる、という負担
  2. スポーツと医療の最前線の融合
  3. ペットボトルの受難。。。五輪・世界陸上、TV解説席から見た競歩事…
  4. 競歩 ベントニーの違反にならないために、膝は「どのぐらい伸ばせば…
  5. 運動は「きつい」ことをすれば効果・効率的に健康になれる訳ではあり…
  6. 時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするためのシンプルな基礎トレ …
  7. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  8. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
PAGE TOP
PAGE TOP