ブログ

YouTube動画UPしました! ランナーが競歩に挑戦して失敗しやすいポイント

久しぶりのYouTube動画UPです。

ランナーの方が、たまに競歩をしたい!

っと言って問い合わせをしてきますが

皆さん、同じような課題に当たります。

その辺をYouTube動画にしてみました。

 

競歩の講習会も開催しています

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#熱中症対策 #水分補給 #時速7㎞ウォーキング #速歩 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング #代々木公園

 

ウォーキングフォーム測定会(miniウォーキング講習会付き) いつまでも自分の足で歩けるように、課題をデータで見てみよう!

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーク 競歩 年齢を重ねれば重ねるほど、ただ長い距離だけを歩い…
  2. 速く歩いた方が楽、と感じる60代女性
  3. ウォーキング 競歩で、着地の衝撃を受け止める場所
  4. ウォーキングでも「上下動」を小さくする意識を持つ大切さ
  5. 競歩の選手は本当にお尻を振って歩いているのか?
  6. 今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうか…
  7. 同じスピードでウォーキングしているはずなのに「景色の流れ方が変わ…
  8. 足には左右差がある、のは普通の事です。
PAGE TOP
PAGE TOP