ブログ

速くウォーキングしよう!として、つい陥る「罠」

ウォーキング(競歩)では、身体の使い方が上手でないと

スピードを上げると、膝の曲がりが深くなりがちです。

例え、身体の使い方が上手であったとしても、比較的自分のペースの範囲内であれば良いのですが、

速くなると、身体のコントロールが効かなくなり、

膝曲がりが深くなります。

 

では、どうしてこういうことが起きるのか…

速く進むために、ランニングの感覚を使ってしまうからです。

 

ウォーキングや競歩は、ランニングと違って一歩に立つ時間が長く

その立っているときの重心を利用して進みます。

 

ランニングではそこまで待たずに、脚筋力に頼って蹴って飛び前に進むことができるので

速くなると膝の曲げ伸ばしを使って、「前に飛ぶ」ということをランニングの感覚に頼りたくなります。

 

つまり、少しでも速く蹴って、速く脚を前に出したい、という心理が重心が載り切る前に

足を出してしまう、ということ。

膝の曲がりが深いので膝のばねを使って前に進みやすい状況が膝にできているので、

ランニングのようなリズムにどんどんなってしまう、

ということなのです。

そうなると、どんどん小走りのようなフォームになってしまいます。

 

そうなると、足が常に緊張した状態になり、スピードの出せる時間も力任せなので短くなります。

速くウォーキングするためには、いかにフォームへの意識を高めて「我慢」ができるか?

それが、速さへの近道なのです。

【お知らせ】

 

 

競歩の講習会も開催しています

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#october2022rw #熱中症対策 #水分補給 #時速7㎞ウォーキング #速歩 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング #代々木公園

 

Follow me!

関連記事

  1. 早くウォーキングする!ランニングをするより、ウォーキングで時速7…
  2. ウォーキングのためウォームアップでフォーム作りのためにやりたい「…
  3. 【ウォーキング】大丈夫です!どんな方でも、「片脚で立てれば」歩け…
  4. ウォーキングでマラソンを完歩する!はランニングでマラソンを完走す…
  5. 速く歩けている!という感覚、一般ウォーカーとアスリートでの大きく…
  6. 【ウォーキング・競歩】で回転数(ピッチ)を上げるためにおこないた…
  7. 脚の付け根を上手に使うことで、ウォーキングや競歩で「楽に」「速く…
  8. 競歩が、遅そうだけど「速い」がよく分かる、動画
PAGE TOP
PAGE TOP