ブログ

パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル

パーキンソン病の方とのパーソナルウォーキングをしています。

もちろん、blogに書くことやHPで紹介することはOKもらっています。

医療行為ではなく、あくまでもウォーキングを中心としたトレーニングです。

今のところは、本人も驚くほど劇的に変わっています。

大きく変わったのは2点

〇ウォーキングのフォーム
〇ウォーキングのスピード

ウォーキングのフォームは、もともとは

腰が落ちて曲がり、足が前に出ずに「老人」のような歩き方でしたが

短期間で一気に変わりました。

ウォーキングのスピードも、当然ウォーキングフォームが良くなったのだから

スピードも速くなりました。

ご本人とすれば、パーキンソン病を発病して

出来ないことばかりが多くなってきた中で、出来ることがあった

とうのが嬉しかったので、喜びも大きかったです。

まだ、これからじっくり観察してみます、と言っていましたが

「レジで買い物を待つときに、以前より震えずに待っていられるようになった気がします」

とのことでした。

さて、これからどう体力が付いていくのか?どんな変化が起こるのか?

楽しみです!

Follow me!

関連記事

  1. ナショナルチーム合宿 戦術のケーススタディ
  2. ウォーカーズ 講習会ではあまりしていないTV番組ならではのことも…
  3. 山手線ナイトウォーキング 皆様お疲れ様でした!
  4. 速く歩く一番シンプルな方法
  5. ものとごとが上達する思考 とは?
  6. 100kmウォークを秋に挑戦する方がこの時期にするべきこと
  7. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
  8. 第4回 飯塚〜武雄 100km 中止にイベントをいろいろと主催す…
PAGE TOP