ブログ

自分のフォームを第3者に見てもらい、悪癖を知ろう

歩くというのは、日常的な事なので

歩き方に「癖」がついてしまっている場合

治すのはなかなか難しいものです。

 

その癖を自覚しているのであれば、治しやすいのですが

自覚してい無い場合は、苦労をします

 

今回の合宿でも、日本代表に何度もなっている選手ですら

ちょっと見ていなかっただけで、彼の悪い癖がフォームに出てました。

自覚があるか?と聞くと

感覚的にはわからない、という返答

 

今迄、怪我の遠因になってきた悪癖ですが

修正は至難の技です。

 

日本代表クラスの選手ですら、そうなのですから

一般のウォーカーの方は苦労をして当然です。

 

でも、前述の通り自分のフォーム悪癖があると気付いていない方も多いです。

ですが、フォームに悪癖があるか?無いか?は簡単に分かります。

いつも同じ所が痛くなる、疲れる

という方は、フォームに悪癖がある可能性が高いです。

 

そんな方は、ぜひ誰かにフォームを見てもらい

「歩く姿で、どこかバランス崩れてない?」

「左右均等に歩けてる?」

と聞いてみると、良いと思います

Follow me!

関連記事

  1. 歩くという事
  2. 五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・前編
  3. 回復(リカバリー)を考える ④ トレーニングバランスを考える
  4. 100kmウォーキングを食べる⑨ とりあえず、最終回
  5. 地面は強く蹴らなくても歩幅は作れる
  6. 身体と金づち
  7. 2017 世界陸上 ロンドン 女子20㎞競歩 メダル事前予想
  8. 運動生理学からのトレーニングのアプローチ その2
PAGE TOP