ブログ

自分のフォームを第3者に見てもらい、悪癖を知ろう

歩くというのは、日常的な事なので

歩き方に「癖」がついてしまっている場合

治すのはなかなか難しいものです。

 

その癖を自覚しているのであれば、治しやすいのですが

自覚してい無い場合は、苦労をします

 

今回の合宿でも、日本代表に何度もなっている選手ですら

ちょっと見ていなかっただけで、彼の悪い癖がフォームに出てました。

自覚があるか?と聞くと

感覚的にはわからない、という返答

 

今迄、怪我の遠因になってきた悪癖ですが

修正は至難の技です。

 

日本代表クラスの選手ですら、そうなのですから

一般のウォーカーの方は苦労をして当然です。

 

でも、前述の通り自分のフォーム悪癖があると気付いていない方も多いです。

ですが、フォームに悪癖があるか?無いか?は簡単に分かります。

いつも同じ所が痛くなる、疲れる

という方は、フォームに悪癖がある可能性が高いです。

 

そんな方は、ぜひ誰かにフォームを見てもらい

「歩く姿で、どこかバランス崩れてない?」

「左右均等に歩けてる?」

と聞いてみると、良いと思います

Follow me!

関連記事

  1. 自分の歩幅を知ることの重要性
  2. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  3. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー④ 【達人(ベテラン編)…
  4. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  5. 五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・後編
  6. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【ウェーブ歩…
  7. 週末は、「テン6」! 駒沢公園に衝撃の事実が!!!
  8. 抜くべきか?、つくべきか? その3
PAGE TOP