ブログ

身体を動かすために持ちたい「極意」

ウォーキングでも何でもそうなのですが、

身体を操作しようと思うときに、体幹に近い場所を動かそうと思う方が

身体に無理な力を入れずに、操作することが出来ます。

 

体幹から遠い部分を動かそうと意識をすれば、上手に身体を操作できません。

 

例えば、足。

お尻も足だと思って動かすことで、足先まで速く大きく動かせます。

足先を意識して、歩幅を広げようとすると、足を運ぶ距離が長くなります。

例えば、腕

腕を振るポイントを、肘だと思えば身体に近い部分で腕が振れるのでスムーズに腕が振れます。

ポイントを「こぶし」にしてしまうと、腕振りに重心が振られてしまいます。

 

体幹に近いところを動かす意識を持つ、

これが上手に歩くために、大切な極意です。

Follow me!

関連記事

  1. メール通信 ご好評いただいてます!
  2. ウォーキング スピードが速くなるために、持つべき感覚
  3. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷…
  4. 打倒!手越くん!その機会は果たして来るのか!
  5. 自分に合った情報を収集するのは、とても難しい。。。
  6. ウォーキング初級者・中級者が、ウォーキングを評価するのに最適なイ…
  7. ウォーキングで重要なのは、足ではありません
  8. 競歩式最強ウォーキング廉価版を読んで100㎞&マラソンに出場され…
PAGE TOP