ブログ

身体を動かすために持ちたい「極意」

ウォーキングでも何でもそうなのですが、

身体を操作しようと思うときに、体幹に近い場所を動かそうと思う方が

身体に無理な力を入れずに、操作することが出来ます。

 

体幹から遠い部分を動かそうと意識をすれば、上手に身体を操作できません。

 

例えば、足。

お尻も足だと思って動かすことで、足先まで速く大きく動かせます。

足先を意識して、歩幅を広げようとすると、足を運ぶ距離が長くなります。

例えば、腕

腕を振るポイントを、肘だと思えば身体に近い部分で腕が振れるのでスムーズに腕が振れます。

ポイントを「こぶし」にしてしまうと、腕振りに重心が振られてしまいます。

 

体幹に近いところを動かす意識を持つ、

これが上手に歩くために、大切な極意です。

Follow me!

関連記事

  1. 2017年もいよいよ最後。
  2. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
  3. 身の引き締まる職務を改めて拝命しました。。。
  4. 【レポート】4月開催 ウォーキング講習会in砧公園
  5. ウォーキング、と言えど、その人に合った適切な距離と速度がある
  6. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  7. コーチングの精度を上げる、2つのサービス
  8. 【レポート】ウォーキング&競歩講習会in大阪① 2017年4月
PAGE TOP