ブログ

1年の計は元旦にあり!

明けましておめでとうございます。

本年も「ウォーキングplus競歩」をよろしくお願いいたします

 

元旦といえば、我々競歩選手にとってすぐに思い浮かぶのは

元旦競歩。

私も現役時代はほとんど出てました。

 

1年の計は元旦にあり、ということで元旦競歩の結果がその年の競技結果を左右しそうで

どの大会よりも「失格」したくない大会でした。

競技者である以上は、年中行事はどこか他人事みたいなところがあります。

 

実は、実際に失格をしたこともあり、元旦から凹みましたが

その年の競技結果は悪かったか?、と言われれば

元旦の失敗から、フォームへの意識を高めることができ、結果的には良い1年になりました。

 

確かに「1年の計は元旦にあり」の意味も、元旦の出来事が1年の縮図にはならない

ということです。

良い元旦をお過ごしください!!!

「一年の計は元旦にあり」その意味は?前後にある言葉とは?

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・競歩で 身体の使い方の感覚を合わせる、難しさと楽し…
  2. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
  3. 100kmウォーク 11時間台はすぐそこまで来ています
  4. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  5. ウォーキング のパフォーマンスが寒くて落ちる。対策としてシンプル…
  6. ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切
  7. NHKグッドスポーツに声だけ出演しました!
  8. 100㎞ウォークの未来のために
PAGE TOP