ブログ

1年の計は元旦にあり!

明けましておめでとうございます。

本年も「ウォーキングplus競歩」をよろしくお願いいたします

 

元旦といえば、我々競歩選手にとってすぐに思い浮かぶのは

元旦競歩。

私も現役時代はほとんど出てました。

 

1年の計は元旦にあり、ということで元旦競歩の結果がその年の競技結果を左右しそうで

どの大会よりも「失格」したくない大会でした。

競技者である以上は、年中行事はどこか他人事みたいなところがあります。

 

実は、実際に失格をしたこともあり、元旦から凹みましたが

その年の競技結果は悪かったか?、と言われれば

元旦の失敗から、フォームへの意識を高めることができ、結果的には良い1年になりました。

 

確かに「1年の計は元旦にあり」の意味も、元旦の出来事が1年の縮図にはならない

ということです。

良い元旦をお過ごしください!!!

「一年の計は元旦にあり」その意味は?前後にある言葉とは?

 

Follow me!

関連記事

  1. 柳澤メモ、始めます!
  2. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ②
  3. パーキンソン病の方とのウォーキングジムパーソナル②
  4. 口の中が…、梅雨空のごとく…
  5. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  6. フルマラソンで30㎞からペースアップ出来た理由
  7. 腕振りが苦手な職種
  8. 時差ボケは、まったくなし
PAGE TOP