ブログ

ウォーキング (競歩も)で体重移動のポイントは、「足裏」にあり!

「足の裏を重心が移動させる」というのは

講習会でよく言う言葉です。

決して、「つま先で地面を蹴る」という言葉ではありません。

 

つい、つま先で地面を蹴ると体重が載っている感じが出るので

間違ってやってしまいたくなる動作です。

この2つの動作の大きな違いは、【頭の位置の移動】です。

 

つま先で地面を蹴ってしまうと、頭の位置が上下します。

重心が足の裏で移動するだけでなら、この”頭の位置の上下”が生まれず水平に移動します。

頭の位置に気を付けて、足の裏の使って下さい

 

Follow me!

関連記事

  1. 行橋‐別府100㎞でタイムのため考えなければいけないこと 100…
  2. 座学のすすめ 【座学】ウォーキング講習会
  3. テン6ウォーキング無事に終了! 2018年1月開催
  4. 子供と競歩VSラン対決してきました!
  5. 走ると、どうしても「膝」が痛くなる方へ
  6. テン6ウォーキングは、皆さんが思う以上に簡単です!!!
  7. 遅いほどキツイのが100㎞ウォーキング
  8. 100kmウォーク、ゴール後のダメージを回復させるために摂りたい…
PAGE TOP