ブログ

ウォーキング (競歩も)で体重移動のポイントは、「足裏」にあり!

「足の裏を重心が移動させる」というのは

講習会でよく言う言葉です。

決して、「つま先で地面を蹴る」という言葉ではありません。

 

つい、つま先で地面を蹴ると体重が載っている感じが出るので

間違ってやってしまいたくなる動作です。

この2つの動作の大きな違いは、【頭の位置の移動】です。

 

つま先で地面を蹴ってしまうと、頭の位置が上下します。

重心が足の裏で移動するだけでなら、この”頭の位置の上下”が生まれず水平に移動します。

頭の位置に気を付けて、足の裏の使って下さい

 

Follow me!

関連記事

  1. 1年半ぶり 九州に無事に上陸
  2. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  3. ウォーキング 時速8㎞ 65才女性 変形性膝関節症を克服し風を切…
  4. 心拍数と痛みの話
  5. 夏のウォーキングトレーニングで、給水以外に必須なもの
  6. パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル
  7. 汗を掻きたくない人こそ、運動するなら「今でしょ」
  8. LT値(乳酸性作業閾値)を知ることは自分を知ること
PAGE TOP