ブログ

つま先を上げる と かかと着地の違い

様々な方のトレーニングをサポートして

技術的なアドバイスをしていく中で

意外と皆さん苦手なのは、「つま先を上げる」

ということです。

 

かかと着地をするために、絶対的に必要なのですが

出来るようでいて、なかなかできません。

 

ただ、「かかとで着地をする」は皆さん問題無く出来ます。

 

こんな風に書くと???、と思われる方もいるでしょう

 

特にウォーキングではほとんどの方がかかとで着地をします。

そうしないとスムーズに重心移動ができないので。

しかし、つま先を上げる、となると、かかと着地ではなく

「つま先を上げる」ということが目的になります。

 

かかとで着地さえすれば良い、という訳では無いのです。

その辺の理解が進まないのか、かかとで着地をしているから、つま先を上げなくても良い

っと、判断されてしまうのでは?、っと考察しています。

 

同じ動作でも、似て非なる、「aruku技術」です。

 

つま先を上げることで、歩幅が3㎝広がり、着地面積が小さくなり、かかとの位置が早く下がるので素早い着地が出来る。

この3項目は、「かかとで着地をする」という意識だけでは得られません。

 

物凄く大事な「aruku技術」をサラッと書いてみました(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事
  2. 10㎞で自己記録を更新した4名に想う、競歩選手もウォーキング初心…
  3. 競歩と競歩式の反応の違い
  4. 行橋‐別府100㎞、今からでもタイムを縮める方法
  5. つぶやき。。。
  6. 超 初心者のため の ウォーキング コラム 「ウォーキングのため…
  7. 悪い事しかニュース(話題)にならない、そんな社会は寂しので。バト…
  8. 世論は、選手の気持ちでは無いのです
PAGE TOP