ブログ

運動生理学者の嘆き

職業柄、トレーニングの情報には敏感になります

 

たまに「トレーニングの常識が覆された!」とか

センセーショナルな言葉が踊り

「これがトレーニング・ダイエットの新常識!」

という言葉も散見されますが

 

実際に、そのトレーニングが常識を覆してなく

新常識でもあるません

 

そりゃそうです。

今までの運動生理学の研究者達だって

論文として発表している訳で、

そこには科学的証拠、いわゆるエビデンスがある訳です。

 

ある某有名国立大学の教授が仰っていました。

今までの研究結果と反対の研究をして、症例がすくなくても

それを論文とする風潮がある。

常識の反対は新発見となり話題性になるからだ

しかし、本来の科学は深掘ることにある。そうでない風潮が嘆かわしい

そんな趣旨のことを仰ってました。

 

SNS上で謳う、広告文句にくれぐれも踊らされないようにして下さい

着用するだけでどうにかなるなら、日本代表選手は全員してます。

飲むだけでどうにかなるなら、全員ドーピング違反です

 

当たり前のことを当たり前のようにし続ける

それが、何事にもゴールに導く一番の近道なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
  2. パーソナルの事を受講者の方がブログで紹介してくれてます!
  3. なんとか四半期のスケジュールを立てました!
  4. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  5. ウォーキング フォームは似て非なる、けどその根っこにある「基本」…
  6. アジア大会100mに見る、スピードを出すための極意とは?
  7. Jアラートを目覚ましと勘違い…
  8. ナイキの厚底シューズのウォーキングや競歩での威力を探る
PAGE TOP