ブログ

上半身と下半身の連動のために!

腕振り=脚の動き、です。

腕を1回振るたび、2歩進む、という方はいないでしょう

つまり、腕を振るということは、脚を動かす、ということです。

 

腕を引くという事は、引いた腕をと反対側の脚を引く、ということ

この同調性はとても大事です。

この同調性が出来てくると、「腕で歩く」という感覚が掴めてきます。

 

もし、その感覚が掴めない!という方は、一つ大事なことを忘れている

ということです。

 

そういえば、今日はパーソナルの受講者の方に

「柳澤さんの言っていることを理解するのに苦労しました」

って、言われました(笑)

けど、身体を動かしていると「あ、このことだ!」っと気が付く瞬間があり

それがとても嬉しいそうです。

 

分かりやすい言葉だけでなく、、ちょっと難しい言葉を投げかけて

体感する喜びを知ってもらる。

これはこれで、トレーナーとして嬉しいものです

Follow me!

関連記事

  1. 夜の都心をウォーキング!!
  2. 塩谷にて講習会をしてきました!
  3. 無責任な批判、スポーツを見てるとしたくなりますが「リスペクト(敬…
  4. 山手線ナイトウォーキング 無事にゴールしました。
  5. 子供・孫の後ろ姿に学ぶ 競歩はウォーキングの延長線上???
  6. すみません、鼻声です… 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑥
  7. なぜ、ウォーキング(競歩)が遅いのか?を見つけるのも速くなる方法…
  8. 競歩 の ウォーキング ドリルトレーニング① 骨盤 に柔軟性向上…
PAGE TOP