ブログ

今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうかを簡単に知る方法

当たり前ですが、

スピードが速くなれば、心拍数が上がります。

つまり、速く走れば走るほど心拍数は高くなります。

これは皆さんに実感があるでしょう。

 

つまり、速く走れるということは心拍数が上がるということです。

逆を言うと、「速く走れるから、心拍数を上げることが出来る」のです

 

ウォーキングで速く歩いても、ランニングほど心拍数が上がらない、という方は多いとも思います。

上記の理屈から言うと

「速く歩けるのであれば、心拍数を上げることを出来る」ということです

それは何を意味するかと言うと

「ウォーキングで心拍数を上げられいないのであれば、上手に歩けていない」

ということです。

 

競歩選手は、ランと同等の心拍数まで上がります。

 

ですから、皆さんも走ったときの心拍数とウォーキングでの心拍数が

同じくらいかどうか?、は重要な指標です。

もし、ランと同じくらいまで心拍数が上げられないのであれば

まだまだ、ウォーキングのフォームに改善の余地があるということなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. コース選択が足首・ふくらはぎにダメージを及ぼすことも
  2. 一般的なウォーカーは膝を伸ばすのが苦手ですが、伸ばした方がメリッ…
  3. 第2弾 男子20㎞競歩ナショナルチーム合宿が迫る!
  4. ようやく大阪で開催できます!
  5. ウォーキング 競歩で 膝を伸ばす方が良い理由と、気を付け方
  6. ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要…
  7. ウォーキングで重要なのは、足ではありません
  8. しおや100kmウォークで自己記録更新、おめでとうございます!
PAGE TOP