ブログ

今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうかを簡単に知る方法

当たり前ですが、

スピードが速くなれば、心拍数が上がります。

つまり、速く走れば走るほど心拍数は高くなります。

これは皆さんに実感があるでしょう。

 

つまり、速く走れるということは心拍数が上がるということです。

逆を言うと、「速く走れるから、心拍数を上げることが出来る」のです

 

ウォーキングで速く歩いても、ランニングほど心拍数が上がらない、という方は多いとも思います。

上記の理屈から言うと

「速く歩けるのであれば、心拍数を上げることを出来る」ということです

それは何を意味するかと言うと

「ウォーキングで心拍数を上げられいないのであれば、上手に歩けていない」

ということです。

 

競歩選手は、ランと同等の心拍数まで上がります。

 

ですから、皆さんも走ったときの心拍数とウォーキングでの心拍数が

同じくらいかどうか?、は重要な指標です。

もし、ランと同じくらいまで心拍数が上げられないのであれば

まだまだ、ウォーキングのフォームに改善の余地があるということなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①
  2. 実況アナウンサーはすごい! 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑤…
  3. 速く 楽に ウォーキングする 姿勢の写真
  4. 心拍数は自分のラン・ウォーキングの技術が向上したかが分かる指標
  5. 競歩式最強ウォーキング廉価版を読んで100㎞&マラソンに出場され…
  6. どんなウォーキングコースを、歩いてますか?ウォーキング初心者もス…
  7. ウォーキング 初心者は簡単だが、上級者には難しいこと。
  8. 人生初の警視庁 心に残ったこととは。
PAGE TOP