ブログ

競歩選手 練習前写真から分かること

練習前

サンモリッツでの合宿のスタート前風景です。

真ん中で、オレンジのトレーニングウェアが

日本でも名前が知られることになったダンフィー選手

右から2番目にいるのが、50㎞銀メダルのタレント選手

二人は50㎞選手のなので、この日は40㎞を練習で歩きます。

一番左は、LEBOGANG SHANGE選手(南アフリカ)

競歩では少ない黒人選手。我々は「レボ」っと呼んでます。

その隣はゴメス選手(カナダ)です。

この2名は20㎞の選手なので、練習での距離も20㎞程度

写真を見てもらうとわかりますが、

給水の量がこの2組でまるで違うのが分かると思います。

タレント選手はボトルが3本、すぐ近くにサポートメンバーが

自転車にボトルをしまっているので、計4本。おそらく合計3リットル

ダンフィー選手も持っているビニール袋が、大きくパンパンです。

あれは全てダンフィー選手が1回の練習で摂る、給水と食事です。

一方、20㎞選手の二人は…

ゴメス選手がボトルを2本持っている程度…

やはり、これだけしっかりと50㎞を主戦場とする選手は

練習から栄養をしっかり摂らないといけない、ということ。

これだけ、摂るのは単にその日の練習がしっかりやるため、

というだけではなく、

トレーニング後のダメージをしっかりと栄養を摂ることによって

少なくする、ということからも必要なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 自分の肩書は自分の力でしか更新できない 男子…
  2. 競歩が五輪でメダルを獲るに学びたいこと
  3. 筋肉を温めることの大切さ 冷やすことの大切さ
  4. 競歩初心者講習会でよく聞かれる質問
  5. 海の公園 講習会終了!!
  6. 世界陸上ドーハ大会 20㎞競歩で金メダル 解説後記
  7. ただ歩けばいい、ではなく、その先に目標があるのなら・・・
  8. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習で気を付けたい…
PAGE TOP