ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニングへの移行

身体づくり期が終わり、いよいよ本格的なトレーニングに入っていきます。

その時に、気を付けたいのは、しっかりと移行期をとるということ。

つまり、「身体づくり期」で身体に蓄積された疲労を抜く「休養」

という期間をとる必要があります。

アスリートレベルであれば、3日間から1週間程度で「休養」しますが、

一般の皆さんであれば、2週間は休養をとりたいところです。

身体がある程度、作られてきたからといって

強い練習にレベルを上げていくと、その先の疲労の蓄積が大きくなり

100㎞ウォーク当日が近づけば近づくほど

疲労感が大きくなってしまいます。

そうならないように、一つ大きな練習期間を終えたら

しっかりとリフレッシュします。

もちろん、「2週間、なにもしない!」

という訳ではありません。

具体的な、練習の移行期間の休養メニューは、次回に書きたいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 講習会で気になるのは・・・
  2. ウォーキングを向上させるトレーニング方法① 歩くだけのウォーキン…
  3. 世界陸上ドーハ大会 男子20㎞競歩 予想
  4. ウォーカーズ!再放送決定 3月3日10:00~
  5. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【ウェーブ歩…
  6. 競歩なら、まずは目指したいタイムは?
  7. 本当に疲れないウォーキングはできるのか?
  8. 身体と金づち
PAGE TOP