BLOG

ウォーキングブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニングへの移行

身体づくり期が終わり、いよいよ本格的なトレーニングに入っていきます。

その時に、気を付けたいのは、しっかりと移行期をとるということ。

つまり、「身体づくり期」で身体に蓄積された疲労を抜く「休養」

という期間をとる必要があります。

アスリートレベルであれば、3日間から1週間程度で「休養」しますが、

一般の皆さんであれば、2週間は休養をとりたいところです。

身体がある程度、作られてきたからといって

強い練習にレベルを上げていくと、その先の疲労の蓄積が大きくなり

100㎞ウォーク当日が近づけば近づくほど

疲労感が大きくなってしまいます。

そうならないように、一つ大きな練習期間を終えたら

しっかりとリフレッシュします。

もちろん、「2週間、なにもしない!」

という訳ではありません。

具体的な、練習の移行期間の休養メニューは、次回に書きたいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期から仕上げ期
  2. 日本選手権35㎞輪島 レビュー 世界陸上オレゴンに繋がる道
  3. 通勤でウォーキングしたいコース①
  4. 速いスピードでも景色を楽しむ重要性
  5. YouTube動画UPしました! 今月2本目 RaceWalk …
  6. ただ歩けばいい、ではなく、その先に目標があるのなら・・・
  7. ロンドン五輪 50㎞競歩金メダリスト ジャレド・タレント選手
  8. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー④ 【達人(ベテラン編)…
<<
PAGE TOP