ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニングへの移行

身体づくり期が終わり、いよいよ本格的なトレーニングに入っていきます。

その時に、気を付けたいのは、しっかりと移行期をとるということ。

つまり、「身体づくり期」で身体に蓄積された疲労を抜く「休養」

という期間をとる必要があります。

アスリートレベルであれば、3日間から1週間程度で「休養」しますが、

一般の皆さんであれば、2週間は休養をとりたいところです。

身体がある程度、作られてきたからといって

強い練習にレベルを上げていくと、その先の疲労の蓄積が大きくなり

100㎞ウォーク当日が近づけば近づくほど

疲労感が大きくなってしまいます。

そうならないように、一つ大きな練習期間を終えたら

しっかりとリフレッシュします。

もちろん、「2週間、なにもしない!」

という訳ではありません。

具体的な、練習の移行期間の休養メニューは、次回に書きたいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 データから見るメダル獲得の必須条件!男子20…
  2. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  3. 競歩が五輪でメダルを獲るに学びたいこと
  4. 男子20㎞競歩代表 高橋英輝選手 世界ランキング10位 日本選手…
  5. 山手線1周ウォーキング 終了
  6. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【時間がない…
  7. 五輪競歩 金メダリストに「コロナ禍がレースに与える影響」について…
  8. 東京五輪 競歩TV解説します! 三大会連続 五輪参加決定しました…
PAGE TOP
PAGE TOP