ブログ

テン6ウォーキングが教えてくれること

自分にとって、【適正】なスピードを見つける

ということは、なかなか難しいことです。

 

例えば、ダイエットを目標にしている方が、

息が荒くなるまで、スピードを上げることは、適正なスピードでウォーキングしている、とは言えません。

脂肪が燃えにくいウォーキングになるからです。

 

ウォーキングのための筋力をつけよう!、と思ったときに

自分の歩きやすいリズムで、ウォーキングしてしまうと、効果的とは言えません。

自分が一番歩きやすいリズムは、筋力への負荷が少ないので

ウォーキングための筋力がつかないからです。

 

テン6ウォーキングは、10㎞を時速6㎞でウォーキングすることです。

普段のウォーキングが、時速4‐5㎞と言われているので

ちょっと速いスピードになります。

 

ただ、決して息が荒れるほど速いペースには、背が低い人でなければならないでしょう

ですから、ダイエットしている方でも時速6㎞ではウォーキングしたいところです。

散歩のようにゆっくり歩いてしまうと、時速3㎞と言われています。

つまり時速6㎞の半分、消費カロリーも半分になるということです。

 

テン6よりも速くウォーキングしたいという方は、ぜひ頑張ってウォーキングしてみて下さい。

ゴール後に、疲労感とともに自分の弱点を身体が教えてくれます。

 

それは、筋肉痛になった場所が、どこなのか?

筋肉痛にならなくても、疲労した筋肉の場所がどこなのか?

を知ることで、筋力が足らないところ、無駄に力を入れ過ぎてしまっているところが

分かるからです。

 

テン6ウォーキングは、自分のウォーキングレベルやスキルを教えてくれます。

ぜひ挑戦してみて下さい

4月のテン6はこちら

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 技術、とても73才女性には見えません… 滑らかな膝…
  2. ランにも活用できる競歩講習会、京都マラソンに参加された方からのお…
  3. 心拍数と痛みの話
  4. 楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)…
  5. 2020年1月4日 100㎞ウォーク開催! UWTT(ウルトラウ…
  6. 3月に理学療法士の先生と講演をします!
  7. プロ野球開幕!のスポーツ界における意義
  8. 世界陸上ドーハ大会 データから見るメダル獲得の必須条件!男子20…
PAGE TOP
PAGE TOP