BLOG

ウォーキングブログ

テン6ウォーキングが教えてくれること

自分にとって、【適正】なスピードを見つける

ということは、なかなか難しいことです。

 

例えば、ダイエットを目標にしている方が、

息が荒くなるまで、スピードを上げることは、適正なスピードでウォーキングしている、とは言えません。

脂肪が燃えにくいウォーキングになるからです。

 

ウォーキングのための筋力をつけよう!、と思ったときに

自分の歩きやすいリズムで、ウォーキングしてしまうと、効果的とは言えません。

自分が一番歩きやすいリズムは、筋力への負荷が少ないので

ウォーキングための筋力がつかないからです。

 

テン6ウォーキングは、10㎞を時速6㎞でウォーキングすることです。

普段のウォーキングが、時速4‐5㎞と言われているので

ちょっと速いスピードになります。

 

ただ、決して息が荒れるほど速いペースには、背が低い人でなければならないでしょう

ですから、ダイエットしている方でも時速6㎞ではウォーキングしたいところです。

散歩のようにゆっくり歩いてしまうと、時速3㎞と言われています。

つまり時速6㎞の半分、消費カロリーも半分になるということです。

 

テン6よりも速くウォーキングしたいという方は、ぜひ頑張ってウォーキングしてみて下さい。

ゴール後に、疲労感とともに自分の弱点を身体が教えてくれます。

 

それは、筋肉痛になった場所が、どこなのか?

筋肉痛にならなくても、疲労した筋肉の場所がどこなのか?

を知ることで、筋力が足らないところ、無駄に力を入れ過ぎてしまっているところが

分かるからです。

 

テン6ウォーキングは、自分のウォーキングレベルやスキルを教えてくれます。

ぜひ挑戦してみて下さい

4月のテン6はこちら

 

Follow me!

関連記事

  1. 【この時季必見】早く歩かなくても、ウォーキングで身体をすぐに温め…
  2. 世界競歩チーム選手権、選手・スタッフに想いを託す、と。。。
  3. 運動経験なく初マラソンで4時間35分への道のり
  4. パーソナルの事を受講者の方がブログで紹介してくれてます!
  5. WEB競歩講習会 元五輪競歩選手による初心者~中級者のための全3…
  6. 厚底シューズ禁止騒動が影響する東京五輪代表選考@東京マラソン、大…
  7. ウォーキング・競歩の歩く技術、「うまく出来ない!」という言葉に思…
  8. ウェストを絞る!(引き締める)を意識してウォーキング
<<
PAGE TOP