ブログ

テン6ウォーキングが教えてくれること

自分にとって、【適正】なスピードを見つける

ということは、なかなか難しいことです。

 

例えば、ダイエットを目標にしている方が、

息が荒くなるまで、スピードを上げることは、適正なスピードでウォーキングしている、とは言えません。

脂肪が燃えにくいウォーキングになるからです。

 

ウォーキングのための筋力をつけよう!、と思ったときに

自分の歩きやすいリズムで、ウォーキングしてしまうと、効果的とは言えません。

自分が一番歩きやすいリズムは、筋力への負荷が少ないので

ウォーキングための筋力がつかないからです。

 

テン6ウォーキングは、10㎞を時速6㎞でウォーキングすることです。

普段のウォーキングが、時速4‐5㎞と言われているので

ちょっと速いスピードになります。

 

ただ、決して息が荒れるほど速いペースには、背が低い人でなければならないでしょう

ですから、ダイエットしている方でも時速6㎞ではウォーキングしたいところです。

散歩のようにゆっくり歩いてしまうと、時速3㎞と言われています。

つまり時速6㎞の半分、消費カロリーも半分になるということです。

 

テン6よりも速くウォーキングしたいという方は、ぜひ頑張ってウォーキングしてみて下さい。

ゴール後に、疲労感とともに自分の弱点を身体が教えてくれます。

 

それは、筋肉痛になった場所が、どこなのか?

筋肉痛にならなくても、疲労した筋肉の場所がどこなのか?

を知ることで、筋力が足らないところ、無駄に力を入れ過ぎてしまっているところが

分かるからです。

 

テン6ウォーキングは、自分のウォーキングレベルやスキルを教えてくれます。

ぜひ挑戦してみて下さい

4月のテン6はこちら

 

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォーキングを食べる⑦ どうカロリー補給をするか?その…
  2. 理学療法とスポーツの融合 後編
  3. 金メダリストの結婚式。良い結婚式でした!そこでご両親に掛けられた…
  4. 東京五輪@札幌 選手ファーストであれば、選手のことを考えた日程に…
  5. 初心者が目指すべきは、速さ?正確性?
  6. 60-70代からこそ「楽に」「速く」歩ける!挑戦するものに「道」…
  7. 本格ランから僅か5ヶ月でサブ4達成! 練習時間が取れず。。。苦労…
  8. 地面は強く蹴らなくても歩幅は作れる
PAGE TOP