ブログ

講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です

アンケートの回答で

「最初から速く歩くことを意識するのではなく、楽にきれいに歩く結果として
速くなるということを意識する重要性を知りました」

という、コメントを書いた方がいました。

講習会参加者の中にはどうしても、「楽に」「速く」となると

「速さ」の部分を力で頑張ってしまう方がいます。

比較的、普段から速くウォーキングをしよう、と思う方に多い印象です。

そうなると、身体の使い方のレクチャーをしても、

力を抜いてとにかくフォームの事に集中さえすれば良いのですが

どうしても、速くウォーキングしてしまいたくなり、

フォームが改善されたから、というより

フォームも改善されているが、それ以上に力も入れてしまい、速くなっている

となってしまうと「速く」は実感できても「楽に」が実感できません。

講習会への参加のポイントは

とりあえず、レクチャーされた通りにリラックスしてやってみて

うまく実感できないのは「講師の責任だー」

そんな気持ちで、ご参加ください(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 競歩でスピードを殺さずに前に進むために
  2. 世界陸上 選手の体型をジロジロ見よう!
  3. 2013年世界陸上モスクワ大会 この先の日本競歩飛躍を感じさせる…
  4. 大阪での地震 心よりお見舞い申し上げます
  5. NHKグッドスポーツに声だけ出演しました!
  6. 情報が溢れる世の中での情報の価値とは?
  7. 寒い日は、なんだかウォーキングno調子が上がらない、という方へ
  8. 女子20㎞競歩 104回日本選手権 展望
PAGE TOP
PAGE TOP