ブログ

講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です

アンケートの回答で

「最初から速く歩くことを意識するのではなく、楽にきれいに歩く結果として
速くなるということを意識する重要性を知りました」

という、コメントを書いた方がいました。

講習会参加者の中にはどうしても、「楽に」「速く」となると

「速さ」の部分を力で頑張ってしまう方がいます。

比較的、普段から速くウォーキングをしよう、と思う方に多い印象です。

そうなると、身体の使い方のレクチャーをしても、

力を抜いてとにかくフォームの事に集中さえすれば良いのですが

どうしても、速くウォーキングしてしまいたくなり、

フォームが改善されたから、というより

フォームも改善されているが、それ以上に力も入れてしまい、速くなっている

となってしまうと「速く」は実感できても「楽に」が実感できません。

講習会への参加のポイントは

とりあえず、レクチャーされた通りにリラックスしてやってみて

うまく実感できないのは「講師の責任だー」

そんな気持ちで、ご参加ください(笑)

Follow me!

関連記事

  1. フォーム重視で歩いてみた、東京エクストリームウォーク42.195…
  2. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 スタート前編
  3. 最大心拍数の計算方法 「220-年齢」は飛行機の中の退屈しのぎで…
  4. 70歳前後の方のウォーキングフォームの特徴
  5. ウォーク(競歩)してたら、足が細くなる、お尻と足のくびれが深くな…
  6. 競歩と競歩式の反応の違い
  7. 久々の競歩式ラン講習会
  8. 「パーソナルの良いとこってそこですよね!」っと言われた件
PAGE TOP
PAGE TOP