ブログ

2019年 箱根駅伝が迫ってきました!

今日は母校までコーチ(競歩の)

競歩選手はもちろんのこと、箱根メンバーも入念に最終調整をしていました。

 

各校のエントリーオーダーを見ながら

早速、各校の狐の狸の騙しあいが始まっているなぁという感想です(笑)

 

メディアもこぞって箱根駅伝の情報を伝えていますが、

メディア記事を鵜呑みにしない方がいいですよ。

他大学の監督も目にするのに、本当の情報を流す訳がありませんからね。

 

各校ともエースと呼ばれる選手を補欠にかなり回している時点で

腹の探り合いが、始まっています。

 

王者・青山学院大学ですら盤石の選手層と言われながらも

エースを補欠に回し、各校の出方を伺っています。

 

駅伝は、ストラテジー(戦略)の要素が、皆さんが思う以上に非常に高い競技です。

 

大会当日、どんな区間変更がなされるのか?

エースをどこに配置してくるのか?

そんなところもぜひ楽しんで下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 日本中に競歩を知ってもらう旅 シューズは何足履き潰したか?どのメ…
  2. マスクは高地トレーニングの代わりになるか?
  3. 「挑戦すること」は、年齢に関係なく、結果より尊いことだと、教えて…
  4. 第4回 飯塚〜武雄 100km 中止にイベントをいろいろと主催す…
  5. 肌寒くなってきた、この時期にまずは軽いウォンドブレーカーを揃えよ…
  6. W杯、日本代表の活躍に想う
  7. 2017世界陸上ロンドン 20㎞競歩男子 レビュー
  8. ウォーキングをしているときに、感じたい「足裏の感覚」
PAGE TOP