ブログ

金メダリストが日本に来る背景とは? 東京五輪の前哨戦!4月に石川県輪島市で!

要因は4つ

-日本の層の厚さ

どの選手も世界陸上に出場するには、

国際陸連が設定した標準記録を突破する必要があります。

どんな試合でも良いという訳では無く

国際審判員が3名揃う試合でないといけません。

50km競歩の試合は距離の長さからも、

世界的にも試合の数は多くなく

しかも、国際審判員が揃うとなると年間5回程度

そうなると標準記録を突破するチャンスも

限られて来るので、確実に出た試合で標準記録を破りたい

標準記録を突破する選手が

多くいる大会だと突破の確率は高くなります。

今、日本のレベルは異常に高く

日本で試合をすると記録が出やすくなるので

海外選手の日本出場へと繋がっています

 

-世界陸上の9月開催

例年は世界陸上は8月上旬開催

今回は、砂漠のカタールでの開催のため

時期が1ヶ月半ほど遅くなりました。

今までは4月の輪島に出てしまうと、

8月の世界陸上までのスケジュールがタイトになるので

海外選手も輪島の試合は知っていても

出場を希望する選手はおらず、

3月のメキシコでの50kmに出場する選手がほとんど。

しかし、世界陸上が9月になったので

輪島でもスケジュールに余裕が出来た!のです

 

-東京五輪の下見

当然、これは各国の選手視野に入れています。

実際に日本には早くくるけど、輪島に入るのは前日。

それまでは東京で練習する!という選手は多いです。

-国際審判員

日本の層の厚さ、でも書きましたが

3人の国際審判員が来るので、標準を突破すれば

国際陸連から認められた記録になるのです。

 

 

場所が石川県輪島市っと能登半島の先なので

生観戦は、近くの方しか無理かも知れませんが

是非、多くの方に旅行ついでに観戦に来て欲しいです

 

メダリストやメダル候補が集う

東京五輪での50km競歩の前哨戦!

っと言って良いでしょう!

Follow me!

関連記事

  1. 冬季五輪の難しさを改めて観戦しながら想う
  2. WEB講習会 6月開催 2日目の本講習を終えて移動中
  3. 夜開催! 元五輪選手から学ぶ 初級者歓迎 論理的に学ぶ 競歩 講…
  4. ウォーキング や 競歩 足を前に出す動作で間違いがちなこと
  5. 行橋‐別府100㎞でタイムのため考えなければいけないこと 100…
  6. 世界陸上ドーハ大会 男子20㎞競歩サイドストーリー 「間違い」と…
  7. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  8. 冬季五輪の躍進!ヤフーニュースの記事に想う
PAGE TOP