ブログ

ランをされている方が競歩に挑戦しようと思うときに「ウォーキング」から始めた方が良い理由

ランをされている方が、競歩に挑戦しようと思うときに

気を付けなければいけない点があります。

詳しくは、このブログを

ラン経験のある、競歩初心者がつい失敗してしまうこと

 

いきなり「競歩」を見よう見まねでやる前に

普通にウォーキングをしてみるのが良いでしょう。

 

ランをしている方は、

「足離れが早い」

「膝を伸ばせない」

という事が上手にできません。

 

つまり

長く地面を押す(蹴る)ことができない

膝を曲げて着地をするので、伸ばすという感覚が動作的に分からない

 

この2点を修正するためには、競歩を真似るより

リラックスしてウォーキングをすることが有効です。

競歩はウォーキングフォームを無理無駄を省いたもの

つまり、ベースはウォーキングなのです。

 

ウォーキングでゆっくり大きく歩く

膝を伸ばしながら歩く

ランから競歩に挑戦したい方は、まずはウォーキングから始めると

競歩のフォームの習得がしやすいでしょう

その一歩を希望に変えて

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを上達するためトレーニングメニューを考える。トレーニ…
  2. 休止中のメール通信でのトレーニングアドバイスメールから読み解く、…
  3. ウォーキングを向上させるトレーニング方法④ ゆっくりウォーキング…
  4. ウォーキング スピードが速くなるために、持つべき感覚
  5. ウォーキング 初心者でもベテランでも 坂を上るときにしたい腕の振…
  6. 1枚の写真 :楽に「aruku技術」
  7. 膝が内側に曲がる、という変形膝関節症でも時速5.5㎞でウォーキン…
  8. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
PAGE TOP