ブログ

競歩でスピードを出すのは気持ちがいい、時速15kmで200m歩いてみた

テン6が先日の日曜日の夜開催をしました。

暑い中、多くの皆さんにご参加頂きありがとうございました。

その合間を縫って、気持ち良く200mのスピード練習をしました。

 

練習と言っても2本だけ。

自分のスピードを出している感覚と実際のスピード(出せたタイム)を

比べて差があるかどうか?を確認した、という感じです。

 

5kmを歩き続けるつもりで余裕を持ってスピードを出したら

200m 59秒 キロ5分ペース(時速12km)心拍数114でした。

 

キロ4分ペースのつもりで2本目を歩く

200m 46秒 キロ4分ペース切り(時速15km) 心拍数120

 

たった、200mで本数も2本なので心拍数は上がり切りませんでしたが

スピードの出す感覚は、あまり間違っていなかった

つまり、イメージ通りの疲労感でスピードが出せていました。

 

もちろん、現役では無いのでこのペースを続けて歩くことは難しいと思います。

 

ですが久しぶりに気持ちよくスピードが出せました。

 

Follow me!

関連記事

  1. 自分のフォームは、見るだけで速くなれる
  2. 「認知症にさせない」ために、声を掛けて一緒に歩こう!
  3. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ②
  4. 免疫力UPの食事メニュー 日本陸連が選手向けに情報発信
  5. 初心者向けオンラインWEB競歩講習会 11月 2021
  6. 「怪我をするために、走っているようなものだよ」と医師に言われてし…
  7. ウォーキングの健康効果を上げる、必ず意識したい2つのこと
  8. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷…
PAGE TOP
PAGE TOP