ブログ

勝てば天国、負ければ地獄 MGCが近づいてきています

日本マラソン界の初めての試み

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が迫っています。

高い出場資格をクリアして30名程度の選手が

2020東京五輪に向けて、3名まで出場できますが

2名までがこの大会で決まります。

 

ここで決まることのアドバンテージがどれだけ高いか?

っというのは、早く内定が出されて準備期間が長く取れる

という理由でだけではありません。

 

2名きまってしまうということは、たった1つしかない枠を

冬の五輪選考レースで良い結果を出さなければなりません。

ちなみに選考レースは3大会。

つまり優勝しても、五輪に出られない選手が2名は出る可能性があるという事です。

 

勝っても出れないかもしれない。。。

これは精神的にかなりきついです。

ですが、MGCで3位以下になるということは必然的に

この過酷な選考争いに加わらなければなりません。

 

MGCだと2位でも東京五輪出場(派遣基準を満たす必要あり)が可能となります

 

いかにMGCが重要か!がわかると思います。

 

見る側は楽しいと思いますが

やる側は本当に本当に、大変なのです。。。

Follow me!

関連記事

  1. 自分のウォーキングのスキルが高いのか?低いのか?簡単に知る2つの…
  2. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  3. 自分の最大心拍数を知れば、運動の質が向上します
  4. ロンドン最終日 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑧
  5. 走ると、どうしても「膝」が痛くなる方へ
  6. 全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所
  7. 酷暑の五輪 選手の想いを叶えてあげたいこと
  8. 理学療法とスポーツの融合 前編
PAGE TOP