ブログ

脳疾患の方を対象にした、皇居1周リレーウォーク、無事に終了

皇居リレーウォーキングを今日(10月30日)行ってきました。

脳疾患のある方がタスキをつないで、ランの聖地皇居を歩く

予想通り、気疲れして疲労困憊ですが

素晴らしいチームのサポートもあり、無事に成功で皆さんをゴールしてもらうことができました。

 

健常な方は、たくさんの自己表現の場がありますが

疾患のお持ちの方はなかなかそういう訳でにはいきません。

大会側も安全に配慮をして、脳疾患のある方はお申込みの段階で

お断りしてしまうことがほとんどです。

 

スポーツは健常者だけのものでしょうか?

 

決してそんなことは無いと思います。

主催するスタッフのみんなもゴールを見て感動し

ゴールされた脳疾患の皆様も達成感をかみしめている姿をみて

 

気疲れで疲労困憊ですが、「やって良かった!」

っと、つくづく思えました。

 

Follow me!

関連記事

  1. 選手にも観客にも、まったく配慮してません、選手ファーストとは言わ…
  2. 2013年世界陸上モスクワ大会 この先の日本競歩飛躍を感じさせる…
  3. 70代女性が2日連続でテン6(時速6㎞で10㎞)で歩いた時に、心…
  4. プロ野球開幕!のスポーツ界における意義
  5. 「みんなに同じことは、言わない」「みんなに同じことを、言う」の難…
  6. 東京エクストリームウォーク 11月開催! ラン経験者が100km…
  7. 今の時期に熱中症対策をする大切さ
  8. ウォーキング 競歩でシューズに求めるべきもの
PAGE TOP