BLOG

ウォーキングブログ

競歩で足首はどう使うか?

競歩で「足首」を、どう使うか?

これは重要なポイントです。

 

つま先を上げることによって、着地が「点」になるので

重心の移動がなめらかに。

足が地面から離れるときに、つま先を上げる(前方に)意識が持てれば

かかとの位置が下がるので足を低く軌道させることができます

蹴り終わりの

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩くために! 時速10㎞で10㎞で歩いても疲れない
  2. ウォーキングでの「腕振り」は超重要
  3. ウォーク(競歩)してたら、足が細くなる、お尻と足のくびれが深くな…
  4. 膝が痛い!でも、痛くなく歩くために気を付けたいことと、歩いた方が…
  5. フォームは体型を作る、体型はフォームの履歴書
  6. 古希(70歳)を迎えて競歩に出会った女性のストーリー
  7. 【ウォーキング】変形膝関節症の方をサポートしていて元気にウォーキ…
  8. 時速7㎞以上で10㎞以上をウォーキングするための、シンプルな基礎…
<<
PAGE TOP