ブログ

膝への負担を少なく走る!競歩式ランの事例紹介やります

ランとウォークで一番の違いは

「跳ぶ」(ラン)か、「跳ばない」(ウォーク)

 

この「跳ぶ」という動作は身体への大きな負担を掛けます

ランニング 競歩選手が走った場合の脚筋力の発揮と筋電図

 

競歩式だと「跳ぶ」ことによる身体の負担を大きく軽減することができます。

30代~70代まで、幅広い方にこの競歩式で走ってもらってます。

 

当然、「跳ばない」競歩の技術を使っているので

身体への負担は減らすことができているのですが、

スピードも落とすことなく、サブ4を初マラソンで達成している方も多いです。

 

そんな、競歩式ランの事例を紹介したいと思っています

#競歩式ラン #ラン #ひざ痛 #膝痛 #ウォーキング #ウォーキングからランニング #サブ4

膝痛でランをあきらめようとしている方、必見! WEB講習会(無料) 競歩式ラン!事例紹介講座 6月開催

Follow me!

関連記事

  1. 冬の通勤など私服でダイエット目的のウォーキングするときに、ちょっ…
  2. テン6ウォーキングが教えてくれること
  3. 時差ボケは、まったくなし
  4. お尻歩きの効果効能とは?ZIPのメダルラッシュをより楽しんでみる…
  5. 変形膝関節症でも、ウォーキングをすることで。。。
  6. 18年前の映像で振り返る 国際グランプリ競歩2位 2002年 ア…
  7. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  8. 年賀状についてのご連絡
PAGE TOP