BLOG

ウォーキングブログ

ダイエットでスタイルを作る 競歩は下腹を凹ますのに良い理由

腹筋下部が突っ張る感じが

競歩をすると出来るがあります。

 

腹筋下部と言ってっも股関節に近く

大腰筋の股関節の結合部付近です。

歩いているだけでこの場所が凹むのは、

下腹が出ている方にとっては夢のような話でしょう。

 

理由としては明確で

競歩は骨盤を前後に使うので「大腰筋」という筋肉を使います

上半身と下半身をつなぐ、大きな筋肉です

場所的に下腹。

 

腹筋を鍛えるよりも、お腹は凹むと思います。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 冬季五輪の躍進!ヤフーニュースの記事に想う
  2. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  3. 60代後半になっても #運動習慣 があれば 10年後も今と全く同…
  4. ウォークの着地の衝撃、ランの着地の衝撃
  5. 大阪での地震 心よりお見舞い申し上げます
  6. 競歩選手のお手本、ジェファーソン・ペレス
  7. ジャニーズとの戦いのきっかけは・・・
  8. 7月29日 動画フィードバック付き講習会!
<<
PAGE TOP