ブログ

ダイエットでスタイルを作る 競歩は下腹を凹ますのに良い理由

腹筋下部が突っ張る感じが

競歩をすると出来るがあります。

 

腹筋下部と言ってっも股関節に近く

大腰筋の股関節の結合部付近です。

歩いているだけでこの場所が凹むのは、

下腹が出ている方にとっては夢のような話でしょう。

 

理由としては明確で

競歩は骨盤を前後に使うので「大腰筋」という筋肉を使います

上半身と下半身をつなぐ、大きな筋肉です

場所的に下腹。

 

腹筋を鍛えるよりも、お腹は凹むと思います。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 昨夜の日本選手権10000m大会の勝敗を分けた腕振り
  2. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ②
  3. ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切
  4. ウォーキング や 競歩 の講習会は1回受ければ充分???
  5. そもそも全速力とは?全速力で歩くのに必要な距離は?
  6. 体幹トレーニングとしての「競歩」の活用
  7. パーキンソン病の方とのウォーキングジムパーソナル②
  8. 2019年 箱根駅伝観戦中
PAGE TOP
PAGE TOP