ブログ

ダイエットでスタイルを作る 競歩は下腹を凹ますのに良い理由

腹筋下部が突っ張る感じが

競歩をすると出来るがあります。

 

腹筋下部と言ってっも股関節に近く

大腰筋の股関節の結合部付近です。

歩いているだけでこの場所が凹むのは、

下腹が出ている方にとっては夢のような話でしょう。

 

理由としては明確で

競歩は骨盤を前後に使うので「大腰筋」という筋肉を使います

上半身と下半身をつなぐ、大きな筋肉です

場所的に下腹。

 

腹筋を鍛えるよりも、お腹は凹むと思います。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. WEB競歩講習会 元五輪競歩選手による初心者~中級者のための全3…
  2. 競歩をやってみたい!という人へ 動画作りました!!
  3. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  4. ウォーキング 技術、とても73才女性には見えません… 滑らかな膝…
  5. 競歩 2022年から変わること。35㎞競歩がスタート!
  6. パーキンソン病の方の「歩幅を広げる」ためにしてもらったこと。
  7. 【イベント】5時間耐久ウォーク 5時間でどこまで歩けるか!
  8. 行橋別府100㎞が中止になって届いたメール
PAGE TOP
PAGE TOP