ブログ

【競歩】 インターバルトレーニングをレースにつなげる思考 5000mを18分46秒で「早く歩いた」ときのペースの作り方

5000mを18分46秒(非公認)が自己記録です。

実は、この記録は代々木の織田フィールドで出した記録です。

 

このときの「ペースの作り方」は実にシンプル

1周を「1分30秒」で歩く。

これを常に維持していけば、18分45秒です。

 

感覚的には、1分30秒で設定した400mのインターバルトレーニングを

12本と半周連続して続ける感じでした。

 

1周終わるごとに、気持ちをリセットして新たな1周に集中する。

それを無事に最後まで持たせることが出来ました。

 

「そんなこと出来るか!」

っと思われそうですが、意外にシンプルな思考でやった方が

これぐらいの距離であれば、ペースは持たせることは出来ると思います。

 

ぜひ、競歩の中級者以上の選手はチャレンジしてみて欲しいです。

1周をいかに力まずに出来るか?

それがポイントでしょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 続 速くウォーキングしたい人に世界陸上で観て欲しい 選手の身体の…
  2. 決して真新しい理論では無いですが、NHKクローズアップ現代の「乳…
  3. 中国四国インカレ競歩(10000mW)上位結果
  4. 高地トレーニング LHTL(Living Hi traning …
  5. つくば100kmウォーク、多くの方にお声掛けいただき、ありがとう…
  6. 競歩 ウォーキングで、=膝関節への負担を軽くする方法=
  7. 74才で27㎞トレイルラン、制限時間より1時間早くゴール! 目的…
  8. リオ五輪 代表選手 紹介 50km競歩 その2
PAGE TOP
PAGE TOP