BLOG

ウォーキングブログ

【競歩】 インターバルトレーニングをレースにつなげる思考 5000mを18分46秒で「早く歩いた」ときのペースの作り方

5000mを18分46秒(非公認)が自己記録です。

実は、この記録は代々木の織田フィールドで出した記録です。

 

このときの「ペースの作り方」は実にシンプル

1周を「1分30秒」で歩く。

これを常に維持していけば、18分45秒です。

 

感覚的には、1分30秒で設定した400mのインターバルトレーニングを

12本と半周連続して続ける感じでした。

 

1周終わるごとに、気持ちをリセットして新たな1周に集中する。

それを無事に最後まで持たせることが出来ました。

 

「そんなこと出来るか!」

っと思われそうですが、意外にシンプルな思考でやった方が

これぐらいの距離であれば、ペースは持たせることは出来ると思います。

 

ぜひ、競歩の中級者以上の選手はチャレンジしてみて欲しいです。

1周をいかに力まずに出来るか?

それがポイントでしょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 速くウォーキングしたい人に世界陸上で観て欲しい 選手の身体の部位…
  2. 動画で観ると分かる!「お尻を使って歩く」初心者が意識したいこと、…
  3. 【レポート】 大阪 ウォーキング講習会
  4. 100kmウォークの最大の敵は?
  5. 時速8kmでウォーキングが出来るようになれば、広がるコミュニケー…
  6. ウォーキングジムパーソナルで必ずお伺いすること
  7. ウォーキングの 量を求めるイベント 質を求めるイベント
  8. 東京マラソンで一番印象に残ったのは、大迫選手ではなく、高橋尚子さ…
<<
PAGE TOP