ブログ

【健康ウォーキング】歩くのが苦手でスピードを出して心拍数を上げる!が難しい方がまずは意識したい「歩き方」

散歩のようなウォーキングより、

ちょっと早く歩くウォーキングの方が効果的

という話はこのブログでも良く書いてきました。

 

ですが、うまくスピードが上げられない、という方もいるでしょう

そんな方が意識したいのは

「姿勢」と「腕振り」

 

姿勢は、少し下腹を凹ますような意識を持つことで「体幹」が安定します。

体幹が安定すると、自然と手足が動きやすくなります

胸を開いて、肩甲骨を背骨に寄せると更に良いでしょう

 

腕振り、は大きく振ることで上半身の筋肉をたくさん使うことになるので

結果として血流が促されて、心拍数が上がりやすくなります。

 

スピードは意識する必要はありません。

大事なのは「姿勢」を安定させて、「腕振り」を大きくすること。

 

歩く(ウォーキング)が苦手な人も、これだけ意識するだけで

スーッと楽に歩ける感覚は得られやすいと思います。

 

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩ドリル 上級編 重心を載せて、脱力脚を振り出す
  2. ウォーキングのペースを上げるのに「力」を使わない理由
  3. 年齢に関係なく、「競歩」に挑戦してみよう
  4. ウォーキングでのカーブの曲がり方
  5. 優勝おめでとうございます!飯塚‐武雄103㎞!!!
  6. 競歩でベントニー(膝曲がり)の反則をしないために、気を付けたいこ…
  7. 靴底が硬いNEWシューズ。けどそれがお気に入り
  8. 地面を蹴らないことが 速く走れる・速く歩ける そして、ふくらはぎ…
PAGE TOP
PAGE TOP