ブログ

ウォーキングと大腿四頭筋

好評につき再々放送決定
NHKBS1「ウォーカーズ!」歩くことはスポーツだ!
【本日】1月28日(土)午後0:00 ~
2月3日(金)午前10:00~
http://www4.nhk.or.jp/P4283/2/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
講習会、開催してます!
詳しくは、こちら←クリック

各会場とも、まだまだ募集しています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

大山巡礼トレイル後の筋肉痛が

なかなか治りません

階段を降りるときは、手すりがないと

ちょっと不安なありさまです(苦笑)

 

ですので、いろいろと試してみることにしました。

どんな時に、大腿四頭筋の筋肉痛の痛みが強くなるか?

痛みが強くなるということは、大腿四頭筋が強く負荷がかかっている

つまり、使われている、ということです。

 

【階段 と 降りのスロープ】

階段の方が、痛みは少なかったです。

足の着地の仕方もあると思いますが、スロープだと大腿四頭筋で

ブレーキを掛けるような動作になる分、負荷が大きい
(※大山巡礼トレイルの強烈な降り道で私は筋肉痛に・・・)

階段の方がテクニックが関係なく、大腿四頭筋への負荷が低そう

 

【ウォーキング】

平地であれば、ほとんど痛みを感じません。

つまりほとんど大腿四頭筋で足を前に出す、ということはない

ということです。

実際に、以前、東大で筋電図をつけて筋肉の使われ方を測定したときも

大腿四頭筋がほとんど使われていませんでした。

つまり、足を前に出すのに、太ももの前の筋肉は

使わないということです。

 

ですが、

ウォーキングで太ももの前が筋肉痛になる

前面の足の付け根が痛くなる人は

珍しくないと思います。

自分のウォーキングを評価するときに、

ちゃんと、お尻とか太ももの裏側が筋肉痛になっていれば

足を前に出すのに、身体が上手に使えている

1つの評価になります。

Follow me!

関連記事

  1. 50㎞競歩の凄さ、そして廃止の検討
  2. 2017世界陸上ロンドン大会 50㎞競歩 レヴュー
  3. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  4. 抜くべきか?、つくべきか? その1
  5. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  6. 回復(リカバリー)を考える ③ たんぱく質の摂取
  7. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【ビルドアッ…
  8. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久系トレから休養移行、気を付…
PAGE TOP