ブログ

ウォーキング 雨の日のマメ対策

秋雨前線に台風と、屋外での講習やイベントがほとんどなので

非常に困ります。

10月こんなに雨が多かったかなぁ…、という印象です。

 

皆さんも経験があると思いますが、雨の日はマメができやすいです。

どうしても、皮膚がふやけで弱くなるので、そこに圧力が掛かると

マメになりやすいのです。

もし、マメが出来たら早めに潰した方(水を抜く)が良いのですが、

雨の日だと皮膚自体がかなり弱いので、その状態でマメをつぶすと

水を抜いたところから、皮がめくれてしまう可能性があるので

おいそれとは水が抜けません。

 

ですから、雨の日はそもそもマメを作らないようにする

というのが、大事な対策です。

 

マメは、シューズの中で指同士が擦れることや、

シューズ内で足が動くことによる摩擦で作られます。

つまり摩擦が起きないよにすれば良いので、ワセリンを指に塗る

摩擦を軽減するために、靴下を2枚履くなどが有効です。

 

しかし、フォームを良くする、というのもマメが起きない、大きな改善策です。

実際に100㎞ウォーカーの方で、講習会に参加して

マメが出来なくなった!、ということでこまめに講習会に通って頂いている方もいます。

 

雨の日も歩くというウォーカーの方は、しっかりとマメ対策をして下さい!

 

Follow me!

関連記事

  1. 初心者が目指すべきは、速さ?正確性?
  2. 時差ボケは、まったくなし
  3. ビールを未だ1滴も飲まず… 世界陸上ロンドン2017 解説日記③…
  4. 冬のウォーキングウェアは機能性で選べ!
  5. コーチングの精度を上げる、2つのサービス
  6. 続 速くウォーキングしたい人に世界陸上で観て欲しい 選手の身体の…
  7. 行橋別府100km メール通信トレーニングが生み出した可能性
  8. 行橋‐別府100㎞ 皆さんお疲れ様でした! ゴール後の個人的な楽…
PAGE TOP