ブログ

ランとウォーキング 手越君との競争から

 

いつも講習会で説明してるのが

ランとウォーキングでの1番の違いは、「跳ぶ」「跳ばない」です。

手越君の走りを見ると、ランは飛ぶので足の軌道が前に出すときに

上から下に落とす、という軌道になります。

しかし、私の場合は歩いているので足の軌道が下から前に振出す軌道です。

低いところから足が出るので、着地の衝撃がほとんどありません。

 

そして、頭の位置を見てみても、手越君は上下に揺れていますが

私の場合はほとんど頭の位置が一定なのが分かります。

重心が大きくぶれないので、体幹を鍛えて一定にする必要が

競歩(ウォーキング)の方が必要になります。

 

腕振りのピッチ(回転数)も明らかに私の方が速いです。

跳べない分、ピッチでスピードを作るのでやはり競歩の方が

ランと同じスピードとなると必然的にピッチは速くなります。

 

さて、そんな視点でこの動画を楽しんでみて下さい

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩では背の高い方が圧倒的優位なのか?
  2. 日本代表と一般ウォーカーとコーチの苦悩
  3. ウォーキング 湿度対策で持っていきたいもの
  4. 決して真新しい理論では無いですが、NHKクローズアップ現代の「乳…
  5. しおや100㎞ウォーク 男女で1位
  6. 日本陸連もSNSを活用する時代。20㎞競歩の飛躍のために!
  7. 4年ぶりの大雪で開店休業中
  8. 値段が高いシューズほど靴底の減りが早い理由
PAGE TOP