ブログ

ランとウォーキング 手越君との競争から

 

いつも講習会で説明してるのが

ランとウォーキングでの1番の違いは、「跳ぶ」「跳ばない」です。

手越君の走りを見ると、ランは飛ぶので足の軌道が前に出すときに

上から下に落とす、という軌道になります。

しかし、私の場合は歩いているので足の軌道が下から前に振出す軌道です。

低いところから足が出るので、着地の衝撃がほとんどありません。

 

そして、頭の位置を見てみても、手越君は上下に揺れていますが

私の場合はほとんど頭の位置が一定なのが分かります。

重心が大きくぶれないので、体幹を鍛えて一定にする必要が

競歩(ウォーキング)の方が必要になります。

 

腕振りのピッチ(回転数)も明らかに私の方が速いです。

跳べない分、ピッチでスピードを作るのでやはり競歩の方が

ランと同じスピードとなると必然的にピッチは速くなります。

 

さて、そんな視点でこの動画を楽しんでみて下さい

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  2. スタミナを生み出す理屈
  3. ウォーキング 湿度対策で持っていきたいもの
  4. 今の時期に熱中症対策をする大切さ
  5. 初心者も参考にしたい時速8㎞のフォーム解説
  6. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
  7. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  8. おそらく3年ぶりに元旦競歩に行ってきました
PAGE TOP