ブログ

確実に、録画で観るのと、LIVEで観るのを間違えた気がする件

炎の体育会TVは録画して、BS1の「奇跡の授業」をLIVEで見てました。

 

「奇跡の授業」は女子中学生にサッカーを教えるというもの。

女子中学生は思春期では

「一生懸命にやる」ということがどこか気恥ずかしさをもっていたり

女の子のグループならではの、難しさをもっていたり

と、男子体育会系の王道を通ってきた私にはきっと勉強になるだろうと。

自分が「炎の体育会TV」で出番が来るまで、とりあえず見てみようという感覚で。

しかし、ついほぼほぼ観てしまいました

(特に、女子中学生を教えるという予定はないです…)

 

番組最後は、チームは勝てませんでしたが強豪相手に引き分けとなりました。

 

個々の体力が劇的に上がった、ということは1週間のトレーニングで向上することはまずありません。

向上したのは、個々の技術的な部分とチーム戦術、そして何よりもメンタル

 

スポーツの競技力向上の9割はメンタリティといっても過言ではないと思っています。

 

女子中学生は、明らかにそのメンタリティが向上し、結果につなげました。

メンタリティが向上し、一つの目標に向かっていく姿は

何よりも美しく、尊い姿、でした。

 

その後に、録画した「炎の体育会TV」で解説棒読みの自分に反省したのは言うまでもありません。

 

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪 どの国の選手も必死、大舞台だかこそ自国民のために。
  2. 熾烈を極める東京五輪 競歩日本代表選考 展望①
  3. 世界陸上ドーハ 7年振りの日の丸は、日本女子選手初の50km代表…
  4. 一般のランナー・ウォーカーがトップアスリートから《学んだ方が良い…
  5. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る② スピードが上手にウォ…
  6. 本格ランから僅か5ヶ月でサブ4達成! 練習時間が取れず。。。苦労…
  7. 柳澤メモ、始めます!
  8. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
PAGE TOP
PAGE TOP