ブログ

2019年 箱根駅伝観戦中

珍しく昨日高熱をだし、休日診療をしている病院に行きました

インフルエンザではないようで、今も37度台までさがっているので

インフルエンザではやはり無さそうです。

 

そんな訳では今は大人しく、「箱根駅伝」を見ています。

何が面白いって「監督者からの声掛け」です。

伴走をしてスピーカーで声を掛けるのですが、自分の選手に適格なアドバイスをしたいのですが

相手選手にも聞こえる、相手の監督にも聞こえる、ので

本当に言いたいことをいえません。

選手はそれを踏まえて「忖度」しないといけない訳です。

 

結果、メンタル的なことを伝えることが多くなります。

メンタル的なことであれば、カスタマイズされた情報なので選手だけが理解できる情報です

戦術的なアドバイスは「相手がいる」という前提の情報なので、

丸聞こえの状態では、相手に対応されてしまいます。

 

監督者の声掛けには、監督のジレンマと駆け引きと

いろんなものが詰まってます

Follow me!

関連記事

  1. ラグビー日本代表 夢のような1か月 南アフリカとの敗戦に想ふ
  2. トップアスリートの秘密を解明する研究者の苦悩
  3. 世界陸上ロンドン大会の競技スケジュールの持つ【深い】意味
  4. メール通信・パーソナルを受講されてる皆さんの、結果一例
  5. !達成した《目的》があるなら「ウォーキング(歩く)」だけのトレー…
  6. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  7. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  8. 誰もが速く歩けます 67歳 女性でも1㎞を8分10秒で「歩く」
PAGE TOP